ロイヤルエンフィールド ヒマラヤンの試乗インプレッション

ヒマラヤンはインドの2輪メーカー・ロイヤルエンフィールドの手によるアドベンチャーモデル。発表は‘16年だが、今年から日本への導入が始まり、懐かしさを感じさせるルックスや車体構成が注目を集めている。そのインプレッションをお届けしよう。

実は超巨大メーカー?

BMWは約16万台でドゥカティが約5.5万台。ハーレーで約24万台。これは主な海外メーカーの、‘17年度の総生産台数だ。それらを差し置いて、’16年度に約66万台を生産し、’17年度はなんと80万台に達しようかという海外の2輪メーカーがある。インドのロイヤルエンフィールド(以下RE)だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲画像は公式サイトのスクリーンショット ボウが卓越した走破姓を披露 ---Honda公式サイ…
  2. ハーレーダビッドソン ジャパンは、2月3日(日)より5月31日(金)までの期間でヒルトン東京…
  3. ▲FZS-FI ヤマハ発動機は、近年のFZシリーズに共通する筋肉質な造形デザインと快適な走りを…
  4. ストリートトリプルも試乗車として用意 Triumph Motorcycles主催のライディ…
ページ上部へ戻る