ロイヤルエンフィールド ヒマラヤンの試乗インプレッション

ヒマラヤンはインドの2輪メーカー・ロイヤルエンフィールドの手によるアドベンチャーモデル。発表は‘16年だが、今年から日本への導入が始まり、懐かしさを感じさせるルックスや車体構成が注目を集めている。そのインプレッションをお届けしよう。

実は超巨大メーカー?

BMWは約16万台でドゥカティが約5.5万台。ハーレーで約24万台。これは主な海外メーカーの、‘17年度の総生産台数だ。それらを差し置いて、’16年度に約66万台を生産し、’17年度はなんと80万台に達しようかという海外の2輪メーカーがある。インドのロイヤルエンフィールド(以下RE)だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハリケーンは、CBR1000RR('17- SC77)用セパレートハンドルを12月末頃に、G…
  2. ドゥカティは、走行距離に応じてオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーン「Mileage …
  3. ダイネーゼ&AGVは、11月15日より期間限定で、年末の特製福袋の予約受注を開始した。 …
  4. 最新の日本語版カタログを無料でプレゼント INDIAN MOTORCYCLE正規販売店では…
ページ上部へ戻る