ロイヤルエンフィールド ヒマラヤンの試乗インプレッション

ヒマラヤンはインドの2輪メーカー・ロイヤルエンフィールドの手によるアドベンチャーモデル。発表は‘16年だが、今年から日本への導入が始まり、懐かしさを感じさせるルックスや車体構成が注目を集めている。そのインプレッションをお届けしよう。

実は超巨大メーカー?

BMWは約16万台でドゥカティが約5.5万台。ハーレーで約24万台。これは主な海外メーカーの、‘17年度の総生産台数だ。それらを差し置いて、’16年度に約66万台を生産し、’17年度はなんと80万台に達しようかという海外の2輪メーカーがある。インドのロイヤルエンフィールド(以下RE)だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る