【新車】カワサキ、「Ninja H2/Carbon」「Ninja H2R」2019年モデルを発売 H2はスマートフォン接続機能などを改良

▲Ninja H2 Carbon

技術の粋を結集し開発された2019年モデル

川崎重工は、フラッグシップモデル「Ninja H2 / Ninja H2 Carbon」をモデルチェンジし、2019年モデルとして新発売。2018年8月10日より導入国で順次受注開始する。

さらに、サーキット走行専用モデル「Ninja H2R」の装備を充実させ、2019年モデルとして新発売。同じく2018年8月10日より導入国で順次受注開始する。

川崎重工グループの技術の粋を結集し開発されたこの3モデルは、自社製スーパーチャージャーを搭載したスーパーチャージドエンジンにより、比類なき加速力を体感できる究極のハイパフォーマンススポーツモデルだ。

※画像は実際の販売車両と仕様が異なる場合があります。

Ninja H2 (2019年モデル)

Ninja H2 Carbon (2019年モデル)

Ninja H2R (2019年モデル)

従来モデルからの主な変更点

Ninja H2/Ninja H2 Carbon (2019年モデル)

■エンジン

1. さらに熟成されたスーパーチャージドエンジン

優れた燃費性能を持つNinja H2 SXのバランス型スーパーチャージドエンジン開発で得たノウハウを活用し、エンジン効率を高めた998cm3水冷4ストローク並列4気筒スーパーチャージドエンジンを搭載。

エアフィルター、インテークチャンバー、スパークプラグといった主要部品をNinja H2 SXと共用とし、231PSを実現している。

■車体

1. ブレンボ製「Stylema」モノブロックブレーキキャリパー

イタリア・ブレンボ社製のストリート用モノブロックキャリパーラインナップより、最新かつ最上級モデルの「Stylema」をフロントブレーキに採用。従来モデルの「Ⅿ50」に比べ小型・軽量化し、ブレーキ性能の向上にも貢献している。

2. ブリヂストン製最新タイヤ

ブリヂストンの最新モデルである「BATTLAX RACING STREET RS11」が、より軽快なハンドリングに貢献している。

■装備

1. カワサキ初のスマートフォン接続機能

Bluetooth機能を搭載し、スマートフォンとの相互通信が可能。専用スマートフォンアプリ「RIDEOLOGY THE APP」を使用し、車両情報や走行ルートをスマートフォンで確認したり、スマートフォンへの電話やメール着信をインストゥルメントパネルの液晶スクリーンに表示させたりすることができる。

2. 様々な情報を機能的に表示するフルカラーTFT液晶スクリーン

インストゥルメントパネルに高品質なフルカラーTFT(Thin Film Transistor、薄膜トランジスタ)液晶スクリーンを採用。スクロール可能なマルチファンクションウィンドウと表示モード選択機能(4モード)を備えている。

走行状況やライダーの好みに応じて、スーパーチャージャーの過給圧/スロットル開度/ブレーキ効力/前後加速度の中から必要な情報を視覚的に表示させることができる。また、周囲の明るさに応じてスクリーンの明るさを調節する自動調光機能により、高い視認性を確保している。

3. 傷を自己修復する「ハイリーデュラブルペイント」

傷を自己修復する特殊コーティング塗装の「ハイリーデュラブルペイント」を採用。高品質な外観を維持する。

4. 全灯LED化

ナンバー灯にLEDを採用。既にLEDを採用しているヘッドライト、テールランプ、ウインカーと併せ、全灯火類のLED化を実現している。

Ninja H2R (2019年モデル)

■車体

イタリア・ブレンボ社製のストリート用モノブロックキャリパーのラインナップより、最新かつ最上級モデルの「Stylema」をフロントブレーキに採用。従来モデルの「Ⅿ50」に比べ小型・軽量化し、ブレーキ性能の向上にも貢献している。

→3モデルの主要諸元

→公式サイト発表 全文を読む

情報提供元 [ 川崎重工 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る