ヤマハ、怪我の前田恵助選手に代わりアヌパブ・サームーン選手がJRR第7・8戦に出場

ヤマハは、「YAMALUBE RACING TEAM」から全日本ロードレース選手権・JSB1000に参戦している前田恵助選手が、負傷により2018年8月18~19日の第6戦、9月1~2日の第7戦、および9月29~30日の第8戦を欠場することを発表した。

そのため、アジアロードレース選手権・アジアプロダクション250(ARRC・AP250)に参戦中のアヌパブ・サームーン選手(タイ)が、前田選手の代役として第7・8戦に出場することを決定した。

なお、11月に開催される鈴鹿サーキットでの最終戦MFJGPは、前田選手の回復具合を考慮して決定する。

サームーン選手はタイ出身の24歳。2016年にYamaha Thailand Racing TeamからARRCのAP250に参戦を開始し、3シーズン目となる今シーズンは、第4戦を終えてランキング3位につけている。
あわせてタイの国内選手権FMSCT All Thailand Superbike Championshipで1000ccストックマシンを使用するST1にも参戦しており、開幕から4連勝(全9戦)してランキングトップに立っている。また、7月末に行われた鈴鹿4時間耐久ロードレースに出場し2連覇を達成するなど、アジアの若手トップライダーの一人だ。

アヌパブ・サームーン選手談

全日本選手権に参戦する機会を与えてくれたヤマハ発動機に感謝の気持ちでいっぱいです。JSB1000は世界レベルにあり、ここから多くのライダーが世界に挑戦しているレースなので、一度は挑戦してみたいと思っていました。
そして、このトップに立つ中須賀選手は僕にとって憧れのライダーで、その中須賀選手と一緒に走れることも含めうれしく夢のような気持ちです。今回はまったく新しい経験になりますが、タイの国内選手権はR1で4連勝中なので、JSB1000でもしっかりと戦えると思っています。
具体的な目標は難しいですが、YAMALUBE RACING TEAMのライダーとして恥じないレースができるよう、精一杯がんばります。

プロフィール

アヌパブ・サームーン(Anupab Sarmoon)

■国籍
タイ

■生年月日
1993年12月9日

【主な成績】
■2018年
アジアロードレース選手権 AP250 ランキング3位(第4戦終了時)
FMSCT All Thailand Superbike Championship ST1 ランキング1位(第4戦終了時)
鈴鹿4時間耐久ロードレース 優勝

■2017年
アジアロードレース選手権 AP250 ランキング3位
FMSCT Thailand Road Race Championship Production 300cc チャンピオン
鈴鹿4時間耐久ロードレース 優勝

■2016年
アジアロードレース選手権 AP250 ランキング3位
FMSCT All Thailand Superbike Championship ST1 チャンピオン

■2015年
FMSCT All Thailand Superbike Championship SS1 ランキング2位

■2014年
FMSCT All Thailand Superbike Championship SS1 チャンピオン
※ST1=スーパーストック1000、SS1=スーパースポーツ600

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る