”レース・オブ・チャンピオンズ”に参戦した13台のパニガーレV4 SがeBayのオークションで落札

”さらにレアな”パニガーレV4 Sを出品

7月に開催されたドゥカティ最大の祭典、World Ducati Week(WDW)2018で、ハイライト・イベントとして“レース・オブ・チャンピオンズ”が開催。歴代のチャンピオンが真剣勝負に挑んだ。

レース終了後には、レースに参戦した特別仕様の13台のパニガーレV4 SがeBayのオークションに出品されたのだが、このオークションは、メディアやエンスージアストからかつてない注目を集め、7月28日の午後6時に終了。13台のパニガーレV4 S(レースに参戦した12台のバイクに、WDW前日のケガで参戦できなかったチャズ・デイビスのマシンを追加)は、今回のオークションですべて落札された。

これらのバイクには、MotoGPやスーパーバイク世界選手権(SBK)のマシンのカラーリングからインスピレーションを得て、参戦したライダー専用のカラーとグラフィックが施されている。

各バイクのトップブリッジには、ライダーの名前とレースナンバーを刻印したプレートを装着。燃料タンクには、各ライダーが特殊なインクを使ったペンでサインし、ドゥカティ・モーター・ホールディングCEOのクラウディオ・ドメニカーリとライダーが直筆で署名した証明書も発行され、モーターサイクルの価値がさらに高まっている。

さらに、各バイクには“レース・オブ・チャンピオンズ”で使用した専用コンポーネントの数々と、公道走行に必要なエグゾースト・システムを含むオリジナルパーツのコンプリート・キットも付属している。

中でも、トロイ・ベイリスのバイクは記録的な入札価格の120,000ユーロでの落札となった。

▲Troy Bayliss

以下プレスリリースより


オークションは、熾烈な戦いとなりました。オークション開始当初から、トロイ・ベイリスのバイクには大きな関心が集まり、過去最高の入札数を記録して、最終的な金額は記録的な12万ユーロに達しました。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ、マルコ・メランドリ、ホルヘ・ロレンソ、ミケーレ・ピッロ(“レース・オブ・チャンピオンズ”で優勝)、ダニーロ・ペトルッチのバイクにも多くの入札が集まり、40,000~62,400ユーロで落札されました。その次に人気を集めたのが、ジャック・ミラー、チャズ・デイビス、エステベ・ラバト、ハビエル・フォレス、カレル・アブラハム、マイケル・ルーベン・リナルディ、ザビエル・シメオンでした。

今回のオークションでは、世界中から合計7,084の入札が行われ、1,516人が13台の落札をかけて最後まで競争を繰り広げました。このユニークなオークションは、ソーシャルメディアへの大きな関心を呼び起こしました。ドゥカティ公式プロフィールでは、InstagramとFacebookの合計で700万以上のビューを記録しました。

トロイ・ベイリス(49歳)は、スーパーバイク世界選手権のタイトルに3回輝き、つい最近もオーストラリア・スーパーバイク選手権(ASBK)にドゥカティ・パニガーレで参戦して優勝しています。彼はまさに、真のドゥカティ・アイコンであり、今回のオークションでは、彼の人気がいまだ衰えず、数多くのドゥカティスタから愛され、尊敬されていることが証明されました。

▲Claudio Domenicali, Troy Bayliss

情報提供元 [ Ducati ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲FXDRTM 114 参加無料の公道乗り比べ試乗会! ハーレーダビッドソン ジャパンは、1…
  2. ユーザーから注目を浴びたヤマハ車はこれだ! 前回のホンダのモトレポート10選に続き、今…
  3. アルパインスターズからのクリスマスプレゼント! 岡田商事は、人気ブランドAlpinesta…
  4. 鈴鹿サーキットは、2019年1月1日(火・祝)~12月31日(火)までの1年間、キャラクター…
ページ上部へ戻る