YA-1も登場!「ヤマハ歴史車両デモ走行見学会2018」が11/3に開催 WEB事前予約制で先着1,500名

▲前回(2016年)のイベントの様子

二輪車60台、四輪車4台の歴史車両を展示

ヤマハ発動機は、「歴史車両デモ走行見学会2018」を11月3日(土)にヤマハ袋井テストコースで開催することを発表した。今回は事前予約制で1,500名の来場者が予定されている。

創業からの歴史を振り返るべく、二輪車60台、四輪車4台の歴史車両を展示するとともに、第1号製品の「YA-1」やレースモデルを始めとした歴代の二輪車やGPレーサーYZR700(1984年)、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発した「トヨタ2000GT」、エンジンを共同開発した「レクサスLFA」、F1参戦時代に開発したスーパーカー「OX99-11」といった四輪車のデモ走行も予定されている。

▲前回(2016年)のイベントの様子

応募受付は専用ページにて、9月3日(月)12:00より開始される。(定員に達し次第締切)

以下プレスリリースより


「歴史車両デモ走行見学会2018」概要

■開催日

2018年11月3日(土) 
*雨天時は、スケジュールと内容を一部変更します

■開場時間

11:00〜15:30

■デモ走行

13:30〜15:10 
*一般の方は走行できません。見学のみとなります。

■会場

ヤマハ袋井テストコース

■参加料

一般1,000円(小学生以下500円) 

■駐車場

エコパ(小笠山総合運動公園:静岡県袋井市愛野2300-1)第9駐車場よりシャトルバスにて送迎。会場では二輪車・四輪車ともに駐車できません

■事前申込方法

応募受付開始9月3日(月)12:00より(定員に達し次第締切)
https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/demorun2018/

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 小柄な女性でも足つきの不安を解消! K-FACTORYから新型セロー250用のリンクプレー…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 初の冬季開催決定! 国内最大級のバイクイベント「2り…
  4. ※車輌画像は海外仕様。国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 インディアンモータ…
ページ上部へ戻る