ホンダ、2018年度第1四半期連結決算の概況を発表 二輪事業が増益

ホンダは、2018年度第1四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年6月30日までの3ヵ月間)の連結売上収益は、全ての事業における増加などにより、4兆241億円と前年同期にくらべ8.4%の増収となったことを発表した。

アジアでの二輪車販売が好調

営業利益は、メキシコの水害影響や為替影響などはあったものの、北米地域での四輪車とインドやベトナムなどアジアでの二輪車の好調な販売などによる売上変動及び構成差に伴う利益増や販売費及び一般管理費の減少などにより、2,993億円と前年同期にくらべ11.2%の増益となった。
税引前利益は、3,582億円と前年同期に比べ6.9%の増益、親会社の所有者に帰属する四半期利益は、2,443億円と前年同期にくらべ17.8%の増益となった。

当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日までの12ヵ月間)の連結業績の見通しは、前回公表値より以下のとおり修正された。
売上収益は1,500億円減収の15兆4,500億円、営業利益は100億円増益の7,100億円、親会社の所有者に帰属する当期利益は450億円増益の6,150億円に修正。営業利益については、当第1四半期に発生したメキシコの水害や原材料価格の高騰による影響などはあったものの、二輪車の販売台数の増加、コストダウン努力などにより100億円増益の計画とした。

また、当第1四半期末配当金は、1株当たり27円(対前年同期3円増配)とし、年間配当金の予想は1株当たり108円(対前年度8円増配)とした。

以下リリースより


第1四半期連結累計期間の実績

2018年度(2019年3月期)通期連結業績見通し

※1 Hondaグループ販売台数は、当社および連結子会社、ならびに持分法適用会社の完成車(二輪車・ATV・side-by-side・四輪車・パワープロダクツ)販売台数です。
※2 連結売上台数は、連結売上収益に対応する完成車(二輪車・ATV・side-by-side・四輪車・パワープロダクツ)販売台数であり、当社および連結子会社の完成車販売台数です。
※3 四輪事業の台数について
当社の日本の金融子会社が提供する残価設定型クレジットが、IFRSにおいてオペレーティング・リースに該当する場合、当該金融サービスを活用して連結子会社を通して販売された四輪車は、四輪事業の外部顧客への売上収益に計上されないため、連結売上台数には含めていませんが、Hondaグループ販売台数には含めています。

詳細については、Honda投資家情報サイトをご参照ください。
>>https://www.honda.co.jp/investors/library/financialresult.html

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲FXDRTM 114 参加無料の公道乗り比べ試乗会! ハーレーダビッドソン ジャパンは、1…
  2. ユーザーから注目を浴びたヤマハ車はこれだ! 前回のホンダのモトレポート10選に続き、今…
  3. アルパインスターズからのクリスマスプレゼント! 岡田商事は、人気ブランドAlpinesta…
  4. 鈴鹿サーキットは、2019年1月1日(火・祝)~12月31日(火)までの1年間、キャラクター…
ページ上部へ戻る