ホンダ「CRF1000L Africa Twin」専用メインスタンド(後付け部品)に自主改善 脱落のおそれ


※参考画像

ホンダは、販売した後付け部品のCRF1000L Africa Twin専用メインスタンドについて、不具合があることが判明したことを発表。自主改善(無料)を実施する。

以下公式サイトより


概要

不具合の内容

後付け部品として販売したメインスタンドの抜け止め用サークリップにおいて、熱処理が不適切なため硬度が高いものがあります。

そのため、そのまま使用を続けると、サークリップが破損し、メインスタンドを立てる際にメインフレームからメインスタンドが外れ、車両が左側に倒れる、または、走行中にメインフレームからメインスタンドが外れると、スプリングのみで保持され、干渉による異音が発生し、最悪の場合、メインスタンドが脱落し、他の交通の妨げになるおそれがあります。

改善の内容

サークリップを良品と交換するとともに、ワッシャーを新品に交換します。

使用者に周知させるための措置

・販売店を通じて使用者が判明したものは、ダイレクトメール等で通知します。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。

対象範囲

対象の製品名

メインスタンド

・部品番号:08M70-MJP-G50
・対象製品の出荷期間:平成28年2月13日~平成30年6月26日
・対象数:1,540個
・備考:ホンダ CRF1000L Africa Twin用

・部品番号:08M70-MKK-D00
・対象製品の出荷期間:平成28年2月13日~平成30年6月26日
・対象数:63個
・備考:ホンダ CRF1000L Africa Twin用

・部品番号:08M70-MKK-D20
・対象製品の出荷期間:平成28年2月13日~平成30年6月26日
・対象数:118個
・備考:ホンダ CRF1000L Africa Twin Adventure Sports用

・部品番号:08M70-MKK-J30
・対象製品の出荷期間:平成28年2月13日~平成30年6月26日
・対象数:75個
・備考:ホンダ CRF1000L Africa Twin Adventure Sports Type LD用

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲FXDRTM 114 参加無料の公道乗り比べ試乗会! ハーレーダビッドソン ジャパンは、1…
  2. ユーザーから注目を浴びたヤマハ車はこれだ! 前回のホンダのモトレポート10選に続き、今…
  3. アルパインスターズからのクリスマスプレゼント! 岡田商事は、人気ブランドAlpinesta…
  4. 鈴鹿サーキットは、2019年1月1日(火・祝)~12月31日(火)までの1年間、キャラクター…
ページ上部へ戻る