2018新型MT-09SP vs MT-09比較試乗インプレッション

’17年にフルチェンジしたMT-09に、’18は金色の前後ハイグレードサスで強化したSPが登場。その性能の違いを限界域での走行で見届けるためにSTDと一緒に袖ヶ浦フォレストレースウェイに持ち込んだ。

ヤマハ同門対決の決着や、いかに? ※ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売)より

別物の安定感、上質サスで公道も最高だ

MT-09は、ストローク長めのよく動くサスで前後ピッチを活かし、ちょっとトリッキーとも呼べるくらい俊敏な走りを、ストリートやワインディングで楽しむマシンだ。ジャジャ馬すぎた初代と比べ、’17モデルでいくらかサスに落ち着きが持たされたが、その基本コンセプトは変わっていない。足がよく動くがゆえに、サーキットレベルの速度域では限界が早く、お世辞にも向いているとは言えなかったが、思いのほかそうした需要があったのだろう。

今回新たにフロントにKYB製、リヤにオーリンズ製のフルアジャスタブルサスを装着して、足まわりを固めたSPが追加となった。特にフロントサスの圧側ダンパーは、低速/高速の2ウェイ調整が可能という凝ったものとなっている。

跨ってバイクを前後に揺すってみると、SPはダンパーをしっかり効かせてあるのが分かり、STDとはまったく別物と言えるくらい動きは少ない。サスの沈み込みも少なくて、若干の腰高感もある。これは、さぞかし乗り味も変わっているだろうと走り出してみたところ驚きが待っていた。いやいや、まったくそんなことはないのだ。

基本的にはSTDの方向性と同じく、前後ピッチの動きがちゃんと持たされている。ポジションの雰囲気も同じ。MT-09の足まわりを固めてロードネイキッドとしたXSR900ではゴツゴツした硬さが目立っていたが、SPはストリートでも高速道路でもSTDの良さはそのままにしっとりと粘ってくれ、全体的にクオリティが上がったという印象だ。 ※テスター:丸山浩

【Webikeバイク選びでMT-09をチェックする】
お近くの販売店を探す

▲【YAMAHA MT-09SP 2018年型国内仕様 価格:111万2400円(SP)】

’18モデルで新たに加わったMT-09SP。車体色は黒×銀ツートンのブラックメタリックX、1色のみの設定となっている。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 小柄な女性でも足つきの不安を解消! K-FACTORYから新型セロー250用のリンクプレー…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 初の冬季開催決定! 国内最大級のバイクイベント「2り…
  4. ※車輌画像は海外仕様。国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 インディアンモータ…
ページ上部へ戻る