【丸山浩 試乗インプレ】アプリリア RSV4 RF サーキットインプレ&光部るるとタンデム!

【丸山浩:モーターサイクルジャーナリスト】

Webikeをごらんの皆様、こんにちは丸山浩です。
今年の鈴鹿8耐では、YAMAHA R1が4連覇をしたものの、終始トップ争いは、Kawasaki ZX10RR、およびCBR1000RR、そしてGSX-R1000Rと国産4メーカー、何処が勝ってもおかしくない状態でしたね。やはりリッター・スーパーバイクは日本国産が強い…と言いたいところですが、もちろんBMW S1000RRもSST(ストッククラス)であれば、負けていません。

そしてもう一台、とても実力のある車両があります。日本の雑誌では取り上げが少ないのですが、ヨーロッパの誌面や比較テストでは、S1000RR、そしてR1にまったく引けをとらず、常に最上位の評価を出しているのが、Aprilia RSV4RFです。

大磯で行われた輸入車試乗会で公道試乗のチャンスがあったので、ちょっとだけ乗ってみました。

Aprilia RSV4 RF 丸山浩と光部るるのタンデムインプレッション
チャレンジ女子アナシリーズ

事実上、RSV4RFは日本での試乗車輌がほとんどないために、各誌共にサーキットでの全開試乗する機会はほとんどなく、このようなスーパーバイクを公道で乗り回しても、はっきり言って実力のほどをYAMAHA R1などと比較するのは難しいものです。

しかし、たまたまスタンダード+オプション装備で筑波サーキットを乗る機会があったので、SHOPからの借り物とはいえ、ちょっとだけアタックしてみると、なんと乗り易く、そしてタイムが簡単にでることか。

→全文を読む

丸山 浩

丸山 浩 モーターサイクルジャーナリスト

投稿者プロフィール

1964年1月10日生まれ、東京出身・身長168㎝体重62㎏・国際A級ライダーとして全日本ロード、鈴鹿8時間耐久レースなど豊かなレース参戦経験をもち、4輪シーンにおいてもスーパー耐久シリーズを自らのチームを率いて出場するなど、現在に至るまで2輪4輪の現役プロレーサーを努める。
さらにモータージャーナリストとしての一面も持ち、各種誌面企画記事、またDVD製作、イベント・TV番組プロデューサーとしても活動。
現在、株式会社WITH MEの代表としてモータースポーツ文化を広めるべく多忙な日々を過ごす。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る