【OGA 小川裕之 コラム】より簡単にアクセルターンをする方法「ブレーキングアクセルターン」

【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】

前回のアクセルターンはちょっとハードルが高いトリックだったかな(汗
車重が重い大型のバイクでいきなりトライするのは難しいので、オフロードバイクや小型のバイクで練習するのをお勧めします。

また、滑りやすい路面だと比較的簡単に技をメイクできるので、ダートや砂の浮いたコンクリートなど、そういったところで練習するのも良い方法です。正直、自分でも大型のバイクでアスファルトの上でやるのは難しい部類に入ります。

アクセルターンの真の完成形に挑戦!

さて、今回解説するのは、前回紹介した「アクセルターン」に「ブレーキターン」のアクセントを加えた「ブレーキングアクセルターン」です。アクセルターンをやるときに、ブレーキターンでアプローチすることで、よりスタイリッシュに、より正確にアクセルターンが決まるようになります!アクセルターンの真の完成形とも言えますね。

実は止まった状態からのアクセルターンって難しいんです。特に怖いのがアクセルを一気につないでリアを滑らせる操作。少しでも迷いがあるとバイクが前に飛び出して怖い思いをしてしまいます。

しかし、僕たちエクストリームライダーはブレーキターンのスライドをそのまま利用し、アクセルターンへ繋げるので、そのままスライドが継続できます。だから怖い思いをせずに、より簡単に、より正確にアクセルターンができるんです!

実は自分止まった状態での単品の「アクセルターン」は苦手っす(汗
出来るようになってしまえばセット商品の「ブレーキング+アクセルターン」のほうが圧倒的に楽。さらに「ドリフト」や「パワースライド」にも応用ができる将来性も秘めているテクニックなんです。

それではブレーキターンから解説していきましょう。
操作方法はクラッチを切ってリアブレーキをロックさせるだけですが、アプローチの際に逆操舵でフェイントを入れてからロックをするとうまくリアが横にスライドしてくれます。

更に、慣れて来たら、フェイントの時からリアをロックして飛距離を伸ばそう!詳しくは動画を参考にしてください。たぶん文章で伝えるよりわかりやすいはず。

ブレーキターン

そして、ブレーキターンができるようになったら、今度はこの前回教えたアクセルターンとつないでいこう。うまくつなげることができれば、アクセルターンの成功率が一気に上がるよ!

ブレーキングアクセルターン

あと、リアを滑らせる系のトリックはグリップが高いタイヤだと極端に難易度が難しくなります。スライドコントロールしやすいロングライフ系タイヤがおすすめです。古めの中古タイヤもかなりやりやすいです。
もし、うまくいかない人はタイヤのチョイスも検討してみてください。

※練習する際はクローズドされた場所で行い、公道では行わないようにお願いいたします。練習での転倒や怪我はすべて自己責任となります。

→小川裕之 コラム一覧

小川 裕之

小川 裕之 エクストリームバイク スタントライダー

投稿者プロフィール

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの最高峰の大会で表彰台獲得を達成した唯一の日本人ライダー。
海外参戦9年目となり、海外の大会参戦やイベント出演の回数は50回を超え、2014年~2017年には海外大会において日本人最高位獲得。名実ともに日本人トップライダーとなる。
また、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にも招待されショーを行うなど、アジア諸国からも評価が高く、その活動の範囲は日本国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東とグローバルに広がっている。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る