カワサキVERSYS-X250ツアラーの試乗インプレッション

’17年3月に発売され、昨年11月に’18年モデルがリリースされたカワサキの軽二アドベンチャー。まさにツーリングのための1台だ。 ※ヤングマシン2018年7月号(5月24日発売)より

【〇】防風効果が素晴らしい

専用設計のスチール製ダイヤモンドフレームに、旧ニンジャ250の水冷並列2気筒を搭載。フロント19インチ/リヤ17インチのワイヤースポークホイールを組み合わせ、未舗装路の走破も視野に入れたアドベンチャースタイルのツーリングモデルがヴェルシス-X250だ。
初出は昨春で、標準モデルのほかパニアケースなど各種アクセサリーを追加した〝ツアラー〞を設定する。試乗したのはそのツアラーの’18年モデルで、基本的に色変更のみだ。

エンジンは旧ニンジャ250がベースで、プラス2psの33psを発揮する。デュアルスロットルバルブ採用のFIもあってか右手の動きに対して忠実で、しかもバランサーを導入しているので吹け上がりがスムーズだ。トップ6速・100㎞/h巡航時の回転数が約7000rpmと高めのため、ややせわしなさを感じるが、気になったのはその程度。
大排気量のアドベンチャーモデルほどエンジンの自己主張は強くなく、峠道ではシビアにギヤを選んで高回転域を維持しながら走らせるという、小排気量ならではの楽しさがある。

ハンドリングは、フロント19インチの穏やかな舵角の付き方に支配された、デュアルパーパスらしいものだ。80㎞/hを超えたあたりから安定性が強まり、高速道路では直進性の高さが印象的に。ホイールトラベル量が前後とも長めなこと、さらにフレームがしなやかなので、大きなギャップを拾っても衝撃があまり伝わらず、乗り心地は非常にいい。
付け加えると、防風効果は大排気量アドベンチャーモデルと同等レベルに高く、ツアラーを名乗るだけのことはあると納得。特にハンドガードは冬にありがたいと感じるはずだ。

【Webikeバイク選びでVERSYS-X 250 TOURERをチェックする】
お近くの販売店を探す

【KAWASAKI VERSYS-X250 TOURER 価格:68万3640円~70万5240円】ヴェルシス-X 250に各種アクセサリーを追加したのがツアラーだが、発売はベースモデルよりも1カ月早かった。’18年モデルは両車ともカラー変更のみで、2色ずつ用意。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、「オフロードミーティング」の11月25日(日)開催分の参加申し込みを開始した。 …
  2. ※イメージ画像 KTMの正規ディーラー、丸富オート販売は、2018年10月13日(土)にK…
  3. ▲1290 SUPER DUKE GT ※Photographer : Schedl R. …
  4. インポートモデルの試乗会「WORLD MOTO 2018」が10月28日(日)に大阪府の泉大…
ページ上部へ戻る