ハーレーダビッドソン、2019年に電動バイク「LiveWire™」を発売

▲ハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクルLiveWire™(プロトタイプ)

ハーレーダビッドソンは、かねてより計画していた同社初の電動モーターサイクル「LiveWire™」を、2019年に正式に市場導入することを発表した。

「LiveWire」は2022年までにモデル拡充を予定し、より軽く・小さく・手にしやすい製品群化することで、新たなライダーの創出に貢献していく。
なお、日本市場への導入の有無、詳細な導入時期、価格を含めた仕様の詳細は未定。

「LiveWire™」(プロトタイプ)

▲「LiveWire™」は2022年までにモデル拡充を予定(画像はイメージ)

また、日本市場への導入の有無、詳細な導入時期、価格を含めた仕様の詳細は未定だが、既存のハーレーダビッドソンオーナーとの強固な結びつきは維持し、日本を含むアジア市場を中心とする次世代ライダー育成を強化し、より手頃で小排気量(250ccから500cc)のモーターサイクルを、インドを皮切りとして戦略的にアジアで生産・販売する。

情報提供元 [ Harley-Davidson Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る