ハーレーダビッドソン、2019年に電動バイク「LiveWire™」を発売

▲ハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクルLiveWire™(プロトタイプ)

ハーレーダビッドソンは、かねてより計画していた同社初の電動モーターサイクル「LiveWire™」を、2019年に正式に市場導入することを発表した。

「LiveWire」は2022年までにモデル拡充を予定し、より軽く・小さく・手にしやすい製品群化することで、新たなライダーの創出に貢献していく。
なお、日本市場への導入の有無、詳細な導入時期、価格を含めた仕様の詳細は未定。

「LiveWire™」(プロトタイプ)

▲「LiveWire™」は2022年までにモデル拡充を予定(画像はイメージ)

また、日本市場への導入の有無、詳細な導入時期、価格を含めた仕様の詳細は未定だが、既存のハーレーダビッドソンオーナーとの強固な結びつきは維持し、日本を含むアジア市場を中心とする次世代ライダー育成を強化し、より手頃で小排気量(250ccから500cc)のモーターサイクルを、インドを皮切りとして戦略的にアジアで生産・販売する。

情報提供元 [ Harley-Davidson Japan ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 小柄な女性でも足つきの不安を解消! K-FACTORYから新型セロー250用のリンクプレー…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 初の冬季開催決定! 国内最大級のバイクイベント「2り…
ページ上部へ戻る