ビジバイから上質コミューターへ「ホンダ スーパーカブC125」正式デビュー

先の東京/大阪MCショーに出展され、大きな注目を集めていたスーパーカブC125が正式デビューした。日本仕様はABSなしの1タイプで、カラーリングも初代スーパーカブ・C100を彷彿させるブルーの1色。発売は9月となる。その最大の特徴は、1958年の登場以来60年、一貫してビジネスユースの機能や利便性を追求してきたスーパーカブが、パーソナルユースや上質さといった趣味性の方向に舵を切ったことだろう。

最強の実用性に「プレミアム感」を融合

エンジンはタイなどで販売される「ウェーブ125」用がベースで、これをスーパーカブ110が基となるパイプフレームに搭載している。とはいえ、C125の特徴はそうしたハード面にあるのではない。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る