2018年7月6日、国内でPCX HYBRIDの発表があったが、少し前の4月19日にインドネシアでもハイブリッド版が発表されている。国内仕様とインドネシア仕様の大きな違いはエンジンの排気量で、国内が124ccに対して149ccとなる。

電動アシストシステムは全く同じ

2017年10月、東京モーターショーで初公開されたPCXハイブリッドが実は150cc版だったというのはあまり知られていない。
国内では125cc版のハイブリッドが9月14日に発売するので、これでPCXハイブリッドには2種類の排気量が存在することが明らかになった。現在のところ150cc版のPCXハイブリッドを発売するのはインドネシアだけで、生産も現地で行っている。

ちなみに、7月6日に発表された125cc版のPCXハイブリッド国内仕様はベトナム製だ。エンジンが125ccでも150ccでも電動アシスト機構は全く同じものを使っているという情報で、スペックを比較するとモーターアシストについては最高出力や最大トルクともほぼ同じ数値となっている。気になる国内での150cc版PCXハイブリッドの発売は、現在のところ不明だ。

【Webikeバイク選びでPCX HYBRIDをチェックする】
お近くの販売店を探す

▲【HONDA PCX HYBRID 2018年型インドネシア仕様 価格:4000万ルピア(約31万円)】

カラーはハイブリッドブルーと名付けらた青のみで、ABSも標準装備している。現地ではハイグレードな製品となることから、リヤにディスクブレーキを採用するのがインドネシア仕様の特徴だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る