ホンダ2018新型PCX150 vs 旧型PCX150比較試乗インプレッション

軽二輪枠で最も売れているスクーター、PCX150がフルチェンジ!そこで、新旧対決を決行したぞ! ※ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売)より

シリーズ初のフルモデルチェンジを敢行

クラスを超えたプレミアム感と取り回しのしやすいボディサイズ、通勤通学からツーリングまでマルチに使える走行性能により、’10年の登場以来、快進撃を続けているPCXシリーズ。ラインナップは原付二種の125と軽二輪の150があり、両車とも今年4月にフルモデルチェンジした。

PCX150は軽二輪スクーターの中で最も売れており、追撃を目論むライバルも多い。まずは進化のほどが最も分かりやすい新旧対決から。

モデルチェンジの内容を簡単に説明すると、フレームはアンダーボーン構造からダブルクレードルに変わり、タイヤは前後14インチをそのままにフロントを1サイズ、リヤを2サイズ太くしている。149ccの水冷単気筒eSPエンジンは、平成28年度排ガス規制をクリアしつつ、吸排気系や駆動系、冷却系を変更。最高出力は1ps増えて15psなっている。

それと、フロントブレーキにシリーズ初のABSがタイプ設定されたのも注目すべきポイントで、今回はこちらを試乗した。なお、ABSのないSTD仕様はブレーキが前後連動式となる。

【Webikeバイク選びでPCX150をチェックする】
お近くの販売店を探す


【HONDA PCX150/ABS 2018年型国内仕様 価格:37万3680円/39万5280円】
’18年4月20日に発売となった新型。フレームを一新し、eSPエンジンを熟成。試乗車はシリーズ初となるタイプ設定のABS仕様。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る