ヤマハ、初となる鈴鹿8耐4連覇、通算8回目となる優勝を獲得

アクシデントを乗り越え連覇を達成

2018年7月26日(木)~29日(日)に開催された”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースで、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が優勝した。

今年もチームの主軸として期待されていた中須賀克行はフリー走行での転倒により出走を取り消しており、アレックス・ローズとマイケル・ファン・デル・マークの二人で参戦。10年ぶりに復活したHondaワークスチーム「Red Bull Honda with 日本郵便」に僅差で勝利を収めた。

→公式サイト 決勝レポート

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  2. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
  3. ハーレーダビッドソン ジャパンの正規ディーラー・双葉工業は、ハーレーダビッドソンのグローバル…
  4. ▲FTR1200S インディアンモーターサイクルは、4月27日(土)に鈴鹿サーキットで開催され…
ページ上部へ戻る