新型モンキー125をモンキー(50)と比較インプレッション

「モンキー125 はモンキーじゃない!」なんて声もチラホラ聞えるが、同時に比較試乗してみるとモンキーの魅力がしっかりと詰まっていたのだ! ※ヤングマシン2018年7月号(5月24日発売)より

見た目だけでなく乗り味だってモンキーだ

今回試乗したのは、広報車のモンキー50とグロム、そして特別に試乗が許された試作車のモンキー125。125はあくまで試作車なので、エンジンのセッティングなどが完全ではなかったけれど、短時間ながらクローズドコース(東京サマーランドの駐車場)で乗り比べることができた。

で、走り出す前に2台を並べた状態で思ったのが、大きさは1まわり(というか2まわり)違うけれど、見た目の〝モンキーらしさ〞をうまく受け継いでいるな、ということ。その場には、モンキー125のベースになったグロムもあったのだが、そっちのほうがむしろ〝遠い親戚〞のように感じられた。

一方、モンキー125の乗り味は当然ながらモンキー50よりもグロムに近い。50のモンキーは、前後8インチタイヤを超ショートホイールベースに配置し、アウターも鉄パイプ製のフロントフォークを備えた車体による直進安定性は最低限というレベル。コーナリングも、倒し込むとハンドルが切れ込むクセが感じられた。それに対し、モンキー125はステップをガリガリ接地させながらタイトにコーナーを攻めても、ほとんど不安がない。あえて言えば、車体サイズの割にホイールベースが短く、サスペンションも柔らかめなので、グロムのような攻めた走りには向かないことくらいだ。さらに、前後ディスクのブレーキ性能は、50の前後ドラムとは比べ物にならないのは言うまでもない。エンジンの力強さは、当然ながら大きく違う。

とはいえ、125もグロムのように高回転まで回して走るのではなく、低中回転域のトルクを生かしてトコトコ気持ちよく走れる特性は、モンキー50に似ている。というわけで、モンキー125はその特徴的なスタイルだけでなく、走りのフィーリングもしっかりと〝モンキーらしさ〞を受け継いでいたのだ。 ※テスター:中野仁史

【Webikeバイク選びでモンキー125をチェックする】
お近くの販売店を探す


モンキー125のライディングポジションは自然な感じ。モンキー(50cc)のシート高660mmに対し125は775mmと差は大きいが、両足のかかとはべったりと接地する。ライダーの身長172cm、体重は65㎏だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る