【新車】ベスパ、新型プリマベーラ125ABS/150ABS・スプリント150ABSを発売 特別仕様車・50周年記念限定車も登場

ピアッジオは、プリマベーラ及びスプリントの2018年モデル「Primavera 125ABS/150ABS」及び「Sprint 150ABS」を国内発売すると発表した。7月下旬より出荷を開始する。

また、Primavera150の特別仕様車「Primavera Yacht Club」と、プリマベーラ発売50周年を記念した限定車「Vespa Primavera 50th Anniversario(アニベルサリオ)」を順次発売する。

Primavera 125ABS/150ABS

メーカー希望小売価格
Primavera 125ABS:459,000円(税込)
Primavera 150ABS:486,000円(税込)

▲ドラゴンレッド

▲モンテホワイト

カラー:モンテホワイト、ドラゴンレッド、ミッドナイトブルーシルクグレー(125のみ)、バルカンブラック(150のみ)
出荷時期:7月下旬頃より

主な変更点

新採用の高輝度LEDランプによるヘッドライトと、新デザインのLEDテールランプとなった。
また、新デザインのアルミニウム合金製5スポーク12インチホイールは、あらゆる舗装路面状態における安定性や走破性を提供する。
さらにクローム仕上げに変更されたハンドルバースイッチトリムや、シート表皮の縫合が改められ、質感の向上が図られた。

特徴

日本市場において、2018年モデルより150ccバージョンが標準ラインアップに加わった。
新しいPrimaveraはi-getテクノロジー採用の空冷単気筒4ストローク・3バルブエンジンを搭載。排気システムからトランスミッション・ケースに至るまで、スムーズで静かで快適な乗り心地を追求した。エンジン・マネージメント・システムには気圧センサーを搭載し、どのような状況や標高でも最適な燃焼を確保し、「ストップ・アンド・ゴー」が連続して繰り返される市街地においても、エンジンの出力と回転の安定性と信頼性の向上を実現した。

エンジンは環境に優しく、当該カテゴリーにおいてトップクラスの運動性能及び燃費性能を示す。軽量な「スモールボディー」の車体は、市街地においても郊外の幹線道路においても機敏な動きが可能であり、燃焼効率の高いi-getエンジンのパフォーマンスも相まって、燃料消費を抑える効果ももたらす。(WMTCモード測定において、125ccでは44.2km/l、150ccでは40.3km/lを実現)

【Primavera 125:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
【Primavera 150:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

限定30台 特別仕様車
Primavera Yacht Club 150ABS(ヨットクラブ)

メーカー希望小売価格:498,000 円(税込)

カラー:ヨットクラブホワイト
ベース車:Primavera 150 ABS
出荷開始:8月下旬頃より

主な専用装備

・専用グラフィック(サイドストライプ)
・ダイヤモンド加工されたリムにブルーペイントの前後ホイール
・ブルーのステアリングコラムカバー(ネクタイ)
・ブルーの表皮と白いパイピングの専用シート
・ブルーのセンターコンソールラバーとフットボードラバーインサート

特徴

Vespaのエレガントなイタリアンスタイルと、魅惑的なヨット・セーリングの世界との組み合わせは、上品な白いボディに青のアクセントが Vespaの歴史においてこれまでに無い世界観を表現している。
ボディ両サイドのスペシャル・グラフィックに加え、リム部にダイアモンドカット仕上げのブルーでペイントされたアルミホイール、同じくブルーにペイントされたフロントステアリングコラムカバー「通称ネクタイ」や、ステップボードのラバー・インサートまでもが専用のブルーとなり、上質なスタイルを演出している。

【Primavera YachtClub:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

限定50台 50周年記念限定車
Primavera 50th Anniversario 125ABS(アニベルサリオ)

メーカー希望小売価格:475,200円(税込)

▲アズーロ50

▲マルーン50

カラー:アズーロ50、マルーン50
ベース車:Primavera 125 ABS
出荷開始:10月頃

主な専用装備

・専用ボディカラー (アズーロ50、マルーン50)
・グレーにペイントされた前後ホイール
・ボディカラーとコーディネートされた専用シート
・レッグシールドに専用エンブレム

特徴

初代Primavera が発売された1968年は、世界の歴史と文化において現代社会に大きく影響した年だった。若者を中心に、社会や政治に対する不満があふれた激動の年となり、あらゆる体制が揺さぶられ、技術、建築、デザイン、文化、音楽、芸術にまで影響を与えた革命ともいえるだろう。
Primavera は、この思想や熱情の高まりの中で登場し、忘れられない時代のヒロインとなった。変化を求める世界の新たな希望の一部となり、以来Vespaは進化を続け、スタイルと技術の模範となった。

Primavera 50th Anniversarioは、初代誕生で大成功をもたらした当時の最新テクノロジーとスタイルの価値すべてを継承し、現在の Vespa 最先端テクノロジーによって新たに具現化している。
Primavera 125ABSをベースに、このモデル専用のライト・ブルーおよびブラウンのボディカラーを採用。その車体とコーディネートされた専用シートと、グレーにペイントされた5スポークのホイール、そしてレッグシールドにはエレガントな専用エンブレムが装着され、特別感を演出している。

【Primavera 125:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

Sprint 150ABS

メーカー希望小売価格:486,000円(税込)

▲ドラゴンレッド

カラー:モンテホワイト、ドラゴンレッド、チタングレー、マットブルー(新色)、マットグリーン(受注生産)
出荷時期:7月下旬頃より

特徴

新しいSprint 150ABSは、若々しさという伝統を受け継いでいる。Vespa Primaveraのデザインを進化させ、若さ溢れる人々に向け、スポーティーなスタイルを重視した。
ボディは伝統のスチール製モノコックで、軽量コンパクト、高いボディ剛性による快適性、高い耐久性を備えています。アグレッシブなライン、たくましい角型のヘッドライト、スポーティーなデザインの 12 インチの大型ホイールの特徴に加え、フロントヘッドライトには高輝度LEDランプを採用。テールランプには新たにデザインされたLEDユニットが装着されている。

【Sprint 150:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

Primavera 125ABS/150ABS、Sprint 150ABS 主要諸元

情報提供元 [ Vespa ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. ▲FXDR 114 12/1・2の週末にATCピロティ広場で開催 ハーレーダビッドソンは、話…
  3. V7・V9シリーズの4モデルが対象 ピアッジオグループジャパンは、モト・グッツィのスピリッ…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 全クラス決勝レース中継 放送開始10:45~ Hon…
ページ上部へ戻る