MotoGP日本グランプリの予約制直通シャトルバスが今年は宇都宮駅・水戸駅からワンコインで運行 首都圏からも便利に

ツインリンクもてぎは、10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦MOTUL日本グランプリ」の期間中、主要各駅からお得で快適な予約制直通シャトルバス「もてぎGPエクスプレス」を運行する。

もてぎGPエクスプレスで楽でお得に移動

昨年までも予約制直通シャトルバスを運行していたが、今年はさらに便利になった。
宇都宮駅と水戸駅からの「もてぎGPエクスプレス」では通常の路線バス料金よりもお得な特別価格片道ワンコイン(500円)運行を実施する。
また、首都圏発着便は東京駅に加え、新たに新宿駅とTXつくば駅が追加された。リーズナブルな料金設定とした。料金は東京駅発着が片道4000円、新宿は往復のみで8000円、TX筑波が片道2500円と、リーズナブルな料金設定としている。

「もてぎGPエクスプレス」を利用することで座席を確保し、駐車場や混雑を気にすること無く、ツインリンクもてぎまで楽に移動ができるようになる。
事前予約は8月1日(ジェイアールバス関東・宇都宮発着は8月21日より)から、各バス会社にて受付を開始する。予約受付開始する。

もてぎGPエクスプレス

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  2. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  3. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
  4. ハーレーダビッドソン ジャパンの正規ディーラー・双葉工業は、ハーレーダビッドソンのグローバル…
ページ上部へ戻る