【OGA 小川裕之 コラム】アクセルターンのやり方「大型バイク編」

【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】

僕がエクストリームをやる前、あこがれていたトリックが二つありました。ひとつはこの前紹介した、ウィリー。もう一つはアクセルターンでした。

小川裕之 コラム一覧

たぶん、この二つは僕が勝手に決める「三大ライダーが憧れるトリック」の二つであることは間違いないと思う。ちなみに三つめはまだ決めていない(汗

まだ、大学生だったころ、このアクセルターンをやりたくて、当時乗っていたDトラッカーで沢山練習したのを今でも覚えている。誰も教えてくれる人が居なかったので、しこたまバイクを倒しながら沢山練習をしました。

今回解説していくのはこの「アクセルターン」です。しかも、大型バイクでやるよ!
流石に、いきなり大型のバイクでチャレンジするのは推奨しませんが、基礎ができていればやれないことはありません。難しいけどね(笑

最初は僕みたくオフロードバイクや小型バイクのほうが成功もしやすく、転倒時のリスクも少ないと思います。

アクセルターンを成功させるポイントは3つ。
(1)しっかりバイクを寝かすこと!
(2)ハンドルは三本指でにぎり、クラッチは人差し指だけで操作!
(3)クラッチはスパッとつなぐ!

では、順を追って細かく説明しよう。

(1)しっかりバイクを寝かすこと!

アクセルターンはバイクを寝かすことで、リアタイヤを滑りやすくしています。そのため、しっかりバイクを寝かすことが、成功させる一番の要因になります。バイクが倒れない範囲で、しっかりとバイクを寝かしましょう!

そして、余裕があればクラッチミートする瞬間に、さらに少しだけ寝かすと成功率があがります。

(2)ハンドルは三本指でにぎり、クラッチは人差し指だけで操作!

バイクを寝かす際に、二本指だと握力が足りずバイクをしっかりとホールドできない場合があります。大型の場合はほとんどの人がバイクを支えられないでしょう。

そこで、三本指でハンドルを握ることで、バイクをしっかりと支えることができ、バンク角を確保できるようになります。

(3)クラッチはスパッとつなぐ!

しっかりバイクを寝かしていても、クラッチがスパッと繋げないと、リアタイヤはグリップしてしまい、スライドしてくれません。そのため、スパッと一気につなぐように心がけましょう。

そこで、ポイントになるのが、人差し指一本でクラッチをつなぐことです。体の構造上人差し指一本だと、力が抜きやすく、スパッとつなぎやすくなります。

あと大事なポイントがもう一つ。グリップは低めのタイヤのほうが難易度がだいぶ下がります。ハイグリップはおすすめしません。なので、タイヤ交換前の減って性能が落ちているタイヤとかで挑戦してみるのが良いですね。

と、長々と文章で書いてみましたが、想像&理解するのがやはり大変ですね(汗
文章だけで伝える難しさ、限界を感じます。ということで、僕の得意な動画でも解説をしていますので、そちらも参考にしてもらえると、理解もかなり早くなると思います!

それでは、暇つぶしにご覧ください!

※練習する際はクローズドされた場所で行い、公道では行わないようにお願いいたします。練習での転倒や怪我はすべて自己責任となります。

小川裕之 コラム一覧

小川 裕之

小川 裕之 エクストリームバイク スタントライダー

投稿者プロフィール

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの最高峰の大会で表彰台獲得を達成した唯一の日本人ライダー。
海外参戦9年目となり、海外の大会参戦やイベント出演の回数は50回を超え、2014年~2017年には海外大会において日本人最高位獲得。名実ともに日本人トップライダーとなる。
また、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にも招待されショーを行うなど、アジア諸国からも評価が高く、その活動の範囲は日本国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東とグローバルに広がっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
ページ上部へ戻る