【新車】MVアグスタ、完全新設計の「DRAGSTER 800 RR」が9月に発売決定

MVアグスタは、全く新しい「DRAGSTER 800 RR」を9月に発売することを発表した。

スタイル、独創性、テクノロジーを再定義したこのモデルは、多岐にわたる変更、改良が施されると共に、過去のモデルの『殻』を完全に打ち破り、全く新しいDRAGSTERとして生まれ変わった。

カラーはパールアイスホワイト/ダークメタリックグレーとナルドグレー/ダークメタリックグレーの2色。希望小売価格は2,397,600円(税込) 。

DRAGSTER 800 RR

希望小売価格:2,397,600円(税込)

パールアイスホワイト/ダークメタリックグレー

ナルドグレー/ダークメタリックグレー

主な特徴

デザイン

スタイルは大幅に刷新しました。MV AGUSTAの品質と独創性を明確に現しているフロントフェンダーにはアルミ製サイドブラケットを採用。
角度調整が可能なセミハンドルバー、また、CRC(Castiglioni Research Center)によって設計された調節可能なステアリングダンパーを上部トリプルクランプに統合。まったく新しい技術的ソリューションを導入しています。デジタルメーターはハイグレードなアルミ製カバーで強化されています。タンクパッドもアルミ製で、MV AGUSTAロゴがレーザー刻印されています。

テールフェアリングはサポートフレームを含め、完全に新設計となりました。モーターサイクルのデザインを再定義するにあたり、本モデルではLEDテールライトが大きな役割を担っています。過去に採用していたデュアルタイプではなく、大胆な3次元要素を採用。
幻想的なライトガードを装備することで、DRAGSTER 800 RRのイメージ向上や新しいデザインを際立たせることに成功しました。再設計されたシートのリアセクションは、フェアリングに合わせてカラーリングが施されています。また、ライセンスプレートホルダーも新設計で、ウインカーにもLEDが採用されています。

新しいDRAGSTER 800 RRの持つ新設計のパッセンジャーフットペグにも注目してください。
フレームサイドプレートに固定されたブラケット上にピンが仕込まれており、収納された位置から開いた位置まで瞬時に回転することができます。収納された状態では、テールフェアリングの直線性が強調され、展開された状態でも、全体的な設計の統合が明確になり、デザイン性にも優れたアイテムにもなっているのです。

エンジン

BRUTALE 800 RR用に開発された3気筒エンジンは、Euro4準拠のために数多くのテクニカルアップグレードが施されていると共に、信頼性や性能の大幅な向上をもたらしています。
エンジンは新しいアンカーポイントによってフレーム固定されたことで、ねじり剛性が増加、ライディングダイナミクスの向上につながっています。最高出力140hp/12,300rpm、最大トルク87Nm /10,100rpmを発揮し、低回転時のスムーズなフルードデリバリーと抜群の加速感を実現しています。

主要アップグレード
●新しいカウンターシャフト
●再設計されたプライマリードライブ
●吸気カム、バルブの新しいプロファイルの導入
●新設計ギヤボックス(シフトレバー操作の軽減、よりスムーズに正確なギヤ操作を可能に)
●エキゾーストマニホールド、サイレンサーの変更(アナダイズド加工された新型アルミ製シールドで保護)
●エンジンカバー(メカニカルノイズの低減、耐衝撃性の強化)

エレクトロニクス

MV AGUSTAが独自の技術で開発した、MVICSによる3気筒エンジンの電子マネージメントは、操作機能と精度を大幅に向上させるために操作ロジックを完成させました。
Ride By Wireシステムは操作が簡単であるという利点があります。ECUのアルゴリズムとマップは新設計となり、新DRAGSTER 800 RR用にプログラムされています。
スムーズなアップ&ダウン操作が可能なオートシフターも装備。あらかじめ定義された3つのマップに加えて、スロットルレスポンス、リミッター、スロットル感度、エンジンブレーキなどのパラメータを変更することもできます。8段階調整可能なトラクションコントロールシステムも更新されました。

セーフティ

Bosch 9 PLUSの2チャンネルABSシステムを搭載。また、RLM(リア・ホイール・リフト・アップ)、前輪の過度の制動作用を緩和するために、後輪の揚力を回避するシステムが備わります。

スペック

【DRAGSTER 800RR:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

情報提供元 [ MV アグスタジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. ▲FXDR 114 12/1・2の週末にATCピロティ広場で開催 ハーレーダビッドソンは、話…
  3. V7・V9シリーズの4モデルが対象 ピアッジオグループジャパンは、モト・グッツィのスピリッ…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 全クラス決勝レース中継 放送開始10:45~ Hon…
ページ上部へ戻る