東海北陸道における「路外給油サービス社会実験」(ETC車限定)が2019年7月14日まで継続

高速道路上での燃料切れ防止を目的とした社会実験

NEXCO中日本は、2018年7月14日(土)までとしていた「路外給油サービス社会実験」を2019年7月14日(日)まで継続することを発表した。

路外給油サービス社会実験は、高速道路上での燃料切れ防止を目的としたETC車限定の社会実験。東海北陸道 福光ICで一時流出し、周辺にある高速道路外の指定ガソリンスタンドにて給油をおこない、再度、福光ICから1時間以内に流入して高速道路を走行した場合に、本来目的としていたICまで降りずに走行した場合と同一料金になるというものだ。

東海北陸道ひるがの高原サービスエリア(SA)と北陸道有磯海SAの間は、約150km以上のガソリンスタンド空白区間になっている。NEXCO中日本では、従前より燃料切れ対策の取組みとして、東海北陸道城端SAで緊急対応としてのガソリン缶の販売をおこなっているが、更なるサービスの向上を目指し、高速道路外のガソリンスタンド活用による「燃料切れの不安解消」や「利便性向上」のため、ETC車限定の社会実験を実施している。

以下プレスリリースより


社会実験概要

(1)実施期間

(変更前) 2018年7月14日(土)まで
(変更後) 2019年7月14日(日)まで

(2)指定IC

E41 東海北陸自動車道(E41 東海北陸道) 福光インターチェンジ(IC)

(3)指定ガソリンスタンド(GS)2箇所


※指定GSは、24時間営業ではありません。
※年末年始につきましては、営業時間が変更となる場合があります。事前にご確認のうえ、ご利用願います。

(4)実験概要

路外給油サービス社会実験は、高速道路上での燃料切れ防止を目的として、E41 東海北陸道 福光ICで一時流出し、周辺にある高速道路外の指定GSにて給油をおこない、再度、福光ICから1時間以内に流入して高速道路を走行いただいた場合に、お客さまが本来目的としたICまで降りずに走行した場合と同一料金にするETC車限定の社会実験です。

E41 東海北陸道ひるがの高原サービスエリア(SA)とE8 北陸道有磯海SAの間は、約150km以上のGS空白区間になっております。当社では、従前より燃料切れ対策の取組みとして、E41 東海北陸道城端SAで緊急対応としてのガソリン缶の販売をおこなっておりますが、更なるサービスの向上を目指し、高速道路外のGS活用による「燃料切れの不安解消」や「お客さまの利便性向上」のため、ETC車限定の社会実験を実施しております。

(5)適用条件

・給油を目的に福光ICで一時流出し、再度、1時間以内に福光ICから流入したお客さまが適用対象となります。(指定GSで、給油されたお客さまが適用対象です)
・ETC車限定(車種は問いません。現金車は対象外)です。
・指定GSで給油の際にETCカードを確認させていただきます。GSスタッフに「高速道路からの一時流出」とお伝えいただき、GS事務室内に設置されているインターホンでETCカードの確認手続きをおこなっていただく必要があります。
・高速道路へ再流入後は、最初の進行方向と同一方向へ走行してください。流出ICから折り返しとなる逆方向への走行の場合は対象外となります。
・指定GSは24時間営業でないなど、営業時間が限定されていますので、事前にご確認のうえ、ご利用願います。
・その他、詳細は別添資料をご覧ください。

参考資料

路外給油サービス社会実験概要

問い合わせ先

NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応)
TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル)
TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルをご利用になれないお客さま/通話料有料)

情報提供元 [ NEXCO 中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. ▲FXDR 114 12/1・2の週末にATCピロティ広場で開催 ハーレーダビッドソンは、話…
  3. V7・V9シリーズの4モデルが対象 ピアッジオグループジャパンは、モト・グッツィのスピリッ…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 全クラス決勝レース中継 放送開始10:45~ Hon…
ページ上部へ戻る