Repsol社とHondaがMotoGPにおける提携契約を延長 2019年には提携25周年を迎える

最高峰クラスのライダーズタイトルを半数以上も獲得

スペインの石油会社であるRepsol社とHondaは、MotoGPにおけるスポンサーシップ契約を2020年まで延長した。両社は2年間の契約延長に合意。来季2019年には、両社の関係は25周年を迎えることになる。

Repsol社と株式会社ホンダ・レーシング(HRC)の提携開始は1995年。Repsol Honda Teamは、最高峰クラスのライダーズタイトルを半数以上も獲得。2002年に創設されたチームタイトルでも最多の7回獲得を誇っている。

ミック・ドゥーハン、アレックス・クリビーレ、バレンティーノ・ロッシ、ニッキー・ヘイデン、ケーシー・ストーナー、ダニ・ペドロサ、マルク・マルケスといったライダーを迎え、これまでに500cc・MotoGPクラスで163勝、419回のポディウム登壇を果たしている。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  2. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  3. SHOEIは、「Z7」ヘルメットのニューグラフィックモデルを12月に受注限定で発売することを…
  4. ’04年にZ750がデビュー。’13年にZ800へと進化したZシリーズのミドルモデルが、昨年…
ページ上部へ戻る