[鈴鹿8耐 合同テスト] 1日目 セッション1、2でRed Bull Honda with 日本郵便がトップタイム

ライダーが続々合流。晴天の中、本格的なテストが始まる

真夏の祭典「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に向けて、2回目の公開合同テストが三重県・鈴鹿サーキットでスタートした。

スーパーバイク世界選手権の第9戦イタリア大会を戦い終えたライダーたちが続々とサーキット入りし、チームと合流して走行を開始。ウエットで行われた先週のテストとはうって変わり、晴天で路面温度も上昇。本番に向けての本格的なテストがようやく始まった。

Red Bull Honda with 日本郵便は、前回テストから参加している高橋巧に加えレオン・キャミアが走行。中上貴晶はMotoGP参戦のため不参加だった。

午前に行われたセッション1と、午後から行われたセッション2ではともに高橋がトップタイムを記録した。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  2. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  3. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
  4. ※イメージ画像 国土交通省・経済産業省は、国立研究開発法人産業技術総合研究所に委託して開発した…
ページ上部へ戻る