【OGA 小川裕之 コラム】トムクルーズもやっていたトリック!大型バイクでの「ジャックナイフ」「ストッピー」のやり方

【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】

皆さんこんにちはスタントライダーのOGAです!

前回までに紹介した、バーンナウトやウィリーの解説動画は参考になりましたでしょうか?大型バイクなのでなかなか実際にトライするのは難しいかもしれませんが、どんな仕組みで技をやっているのか理解できるのも面白いと思います。

リアタイヤを上げて走るストッピー系トリック

第三弾となる今回はストッピー系トリックの解説です。トライアンフでストッピーっていう組み合わせは、トムクルーズが主演のミッションインポッシブル2の中であったバイクアクションシーンと全く同じ組み合わせですね!僕はあれをみて超興奮したのを今でも覚えています。今ではリアルでできるようになってしまいましたが(汗

そんなトムクルーズが映画の中でメイクしていた、リアタイヤを上げて走るストッピー系トリックを紹介していきます。その中でも特にみんなに知ってほしいのは「ジャックナイフ」。これは僕が勝手に決める「エクストリーム三大簡単トリックの一つ」で、比較的簡単に、安全に覚えることができます。なので、興味を持った方は是非チャレンジしてみてください!

ストッピー系トリックはエクストリームライディング的には「ジャックナイフ」と「ストッピー」の大きく二つの技術に分けることができます。二つともリアタイヤを上げる同じ技ですが、この二つの間には大きな違いがあります。

一つ目のジャックナイフはバイクが止まるときにフロントタイヤをロックし、それにボディアクションを合わせてリアを上げる技。フロントタイヤがロックするため、速度が0km/h付近、つまり止まるときにリアが上がるのが特徴です。

二つ目のストッピーはジャックナイフをさらに応用したトリックで、アクセルON⇒アクセルOFFのときの、バイクが前後に動くピッチングモーションを利用し、さらにジャックナイフの技術を合わせ、走行中からリアを上げる技。フロントタイヤはロックさせないので、ブレーキのかけ方も変わってきます。

ストッピーは非常に難しい技ですが、ジャックナイフはエクストリームライディングの中で最も簡単な技の一つです!リスクもさほど大きくなく、難易度も非常に低いです。心配なのは、着地の時に立ちごけをしないように気を付けるくらいです。

なので、何か一発芸を覚えたい!と野心を抱いているライダーの方にはとてもおすすめな技です。是非覚えて、バイク仲間を驚かせてみよう!でも、転倒やケガには気を付けてトライしてくださいね。

それでは今回はその二つのトリックについて動画で丁寧に解説していきます。
暇つぶしにご覧ください!

※練習する際はクローズドされた場所で行い、公道では行わないようにお願いいたします。練習での転倒や怪我はすべて自己責任となります。

大型バイクのジャックナイフのやり方 [ネイキッド編]

大型バイクのストッピーのやり方 [ネイキッド編]

≫ 小川 裕之 コラム一覧

小川 裕之

小川 裕之 エクストリームバイク スタントライダー

投稿者プロフィール

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの最高峰の大会で表彰台獲得を達成した唯一の日本人ライダー。
海外参戦9年目となり、海外の大会参戦やイベント出演の回数は50回を超え、2014年~2017年には海外大会において日本人最高位獲得。名実ともに日本人トップライダーとなる。
また、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にも招待されショーを行うなど、アジア諸国からも評価が高く、その活動の範囲は日本国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東とグローバルに広がっている。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  2. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  3. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
  4. ※イメージ画像 国土交通省・経済産業省は、国立研究開発法人産業技術総合研究所に委託して開発した…
ページ上部へ戻る