Speed of Japan、モリワキレーシングの鈴鹿8耐参戦体制を発表 清成龍一選手が参戦

スピードオブジャパンに所属する清成龍一がMFJ全日本ロードレース選手権で参戦するモリワキレーシングから、「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」への参戦体制が発表された。

今回「KYB MORIWAKI MOTUL RACING」は高橋裕紀選手、昨年も同チームから鈴鹿8耐に参戦し、現在ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)にてHonda Racingから参戦をしているダン・リフット選手が今年も参戦。この二人に加え、清成龍一の3名体制で今年も参戦する。

清成はこれで通算13回目の鈴鹿8耐となり、8耐最多優勝回数に並ぶ5回目の優勝を目指す。

2018年度 モリワキレーシング鈴鹿8耐参戦体制

チーム: KYB MORIWAKI MOTUL RACING
ゼッケン: #19
ライダー: 高橋裕紀/ダン・リンフット/清成龍一
総監督: 森脇 護
チームマネージャー: 森脇 緑
マシン: HONDA CBR1000RR モリワキ改
タイヤ: PIRELLI

→全文を読む

情報提供元 [ Speed of Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る