ヨシムラスズキ、鈴鹿8耐参戦体制を発表 2年目となるGSX-R1000Rレーサーで勝利を目指す

実力派ライダー4名を招集

ヨシムラジャパンは、鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会への参戦体制を発表した。「ヨシムラスズキMOTULレーシングチーム」として、2年目となるGSX-R1000Rレーサーで勝利を目指す。

注目のライダーは、スズキMotoGPテストライダーであるシルバン・ギュントーリ、津田拓也の両選手と、イギリス選手権スーパーバイククラスで今年既に2勝しているブラッドリー・レイ選手、今年からヨシムラスズキに加入し、全日本選手権でポテンシャルを見せている渡辺一樹選手の4名を招集。

この4人の中から事前テストの結果や体調などを考慮した上で、ベストな3人をセレクトし、本番に挑む。

→発表詳細、コメント全文

情報提供元 [ ヨシムラジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  2. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  3. SHOEIは、「Z7」ヘルメットのニューグラフィックモデルを12月に受注限定で発売することを…
  4. ’04年にZ750がデビュー。’13年にZ800へと進化したZシリーズのミドルモデルが、昨年…
ページ上部へ戻る