ヨシムラスズキ、鈴鹿8耐参戦体制を発表 2年目となるGSX-R1000Rレーサーで勝利を目指す

実力派ライダー4名を招集

ヨシムラジャパンは、鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会への参戦体制を発表した。「ヨシムラスズキMOTULレーシングチーム」として、2年目となるGSX-R1000Rレーサーで勝利を目指す。

注目のライダーは、スズキMotoGPテストライダーであるシルバン・ギュントーリ、津田拓也の両選手と、イギリス選手権スーパーバイククラスで今年既に2勝しているブラッドリー・レイ選手、今年からヨシムラスズキに加入し、全日本選手権でポテンシャルを見せている渡辺一樹選手の4名を招集。

この4人の中から事前テストの結果や体調などを考慮した上で、ベストな3人をセレクトし、本番に挑む。

→発表詳細、コメント全文

情報提供元 [ ヨシムラジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクパーツ、バイク用品のオンラインストア「ウェビックショッピング」は、バイクパーツ・バ…
  2. 全日本モトクロス選手権の開幕戦が、熊本県のHSR九州で4月13日(土)、14日(日)に開催さ…
  3. 全日本ロードレース選手権の開幕戦が、栃木県のツインリンクもてぎで4月6日(土)、7日(日)に…
  4. NEXCO中日本八王子支社は、3月29日にE68 東富士五湖道路が全線開通から30周年を迎え…
ページ上部へ戻る