お盆期間、高速道路の「休日割引適用日」が変更 分散利用を図るため試行的に実施

8/11・12から8/9・10に前倒し

国土交通省、NEXCO各社等は、2018年のお盆期間における高速道路の「休日割引適用日」変更を発表した。

今回対象とされている「休日割引」とは、普通車と二輪車を含む軽自動車等限定の割引サービス。土曜日・日曜日・祝日の高速道路利用料が30%引きとなるものだ。

≫休日割引詳細

これまで、高速道路の交通混雑期において様々な渋滞対策が行われてきたが、今回、さらなる対策の一環として、分散利用を図る施策が行われることになった。

具体的には、交通混雑期の中で交通量と渋滞が最も多いお盆期間における高速道路の交通量平準化を目指し、休日割引適用日の変更が試行的に行われる。

2018年のお盆期間は、8月11日(土・祝)と12日(日)に渋滞が多く発生すると予測されているため、この二日間を休日割引適用外とし、代わりに、比較的渋滞回数の少ない8月9日(木)と10日(金)に適用されることになる。

今回の適用日変更の効果と影響については、交通流等が観測分析され、年末年始やゴールデンウィークなど、大きな渋滞が発生する特異期間での適用が検討される。

→【詳細】NEXCO中日本プレスリリース

情報提供元 [ NEXCO 中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
  2. ヤマハ発動機販売は、需要の創出や二輪市場活性化を目指し、より多くの人にツーリングの楽しみを提…
  3. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  4. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
ページ上部へ戻る