ヤマハ、鈴鹿8耐/EWC参戦体制を発表 「YZF-R1」20周年特別カラーをアンベール

鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す

ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行われる“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会に参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」、「GMT94 Yamaha Official EWC Team」、「YART Yamaha Official EWC Team」の参戦体制を発表した。

この大会は、2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)の最終戦としても位置づけられるため、EWC参戦チームにとっても非常に重要な一戦となる。

発表会では、参戦マシンである20周年特別カラーの「YZF-R1」を初公開。1998年に発売した「YZF-R1」の20周年を記念して、3チームとも赤・白のカラーリングをベースに、初代モデルの「YZF」「R1」ロゴ、「20周年記念」ロゴなどを配した特別カラーの「YZF-R1」を使用。「R1 evolution Rの“進化”が“革命”を起こす。」をスローガンに、鈴鹿8耐4連覇とEWCの連覇を目指す。

昨年、ヤマハ発動機初となる鈴鹿8耐3連覇を達成した「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からは、その3連覇を牽引した中須賀克行選手、アレックス・ローズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手の3人が出場。監督には、全日本のファクトリーチームで指揮を執る吉川和多留監督が就任した。

▲中須賀克行選手

▲吉川和多留監督

EWCの2017-2018シリーズで現在ランキング2位のGMT94からは、デビット・チェカ選手、マイク・ディ・メリオ選手、ニッコロ・カネパ選手の3人がシリーズ連覇をかけて臨む。

また、ランキング13位につけるYARTは、ブロック・パークス選手、マービン・フリッツ選手、そして藤田拓哉選手、マックス・ノイキルヒナー選手の4人を招集し、事前テストの結果や体調などを考慮し、最適な布陣で本番に臨む。

20周年記念特別カラー「YZF-R1」スペシャルムービー

以下プレスリリースより(選手コメント)


YAMAHA FACTORY RACING TEAM

中須賀 克行選手

■出身地:福岡県 ■生年月日:1981年8月9日

YZF-R1の20周年という節目の年に、YAMAHA FACTORY RACING TEAM で4連覇に挑戦できることをとてもうれしく思います。

今年のライバルも強力なラインナップになりますが、僕自身は全日本で、アレックス選手とマイケル選手はスーパーバイクでR1とともに好調を維持しており、その3人が再集結するということで、昨年以上に強力なチームになると自負しています。

R1の20周年に華を添えられるよう、ファンの皆さんの期待に応えられるようがんばりますので、今年も応援よろしくお願いします。

アレックス・ローズ選手

■国籍:イギリス ■生年月日:1990年9月14日

本当に大切で、楽しいレースである鈴鹿8耐に、再びヤマハのファクトリーライダーとして参戦できることを光栄に思います。また、昨年ともに大きな成功を収めたマイケル、そして中須賀さんと再びチームを組めることをとても楽しみにしています。

僕にとって今回は、YAMAHA FACTORY RACING TEAMで3年連続の勝利を、20周年記念のR1によって達成するチャンスになります。今から本番が待ちきれません!

マイケル・ファン・デル・マーク選手

■国籍:オランダ ■生年月日:1992年10月26日

YAMAHA FACTORY RACING TEAMの一員として再び鈴鹿8耐に参戦できることをとてもうれしく思います。僕たちは昨年すばらしいレースをすることができました。YZF-R1の20周年を祝う今年の鈴鹿8耐でも、アレックスと中須賀さんとともに、きっとよい結果を得ることができると信じています。

GMT94 Yamaha Official EWC Team

デビット・チェカ選手

■国籍:スペイン ■生年月日:1980年4月20日

日本、そして日本のファンがとても大好きなので、こうしてまた鈴鹿8耐に出場できてうれしく思いますし、とても気持ちが高ぶっています。皆さんの前で連覇できるよう全力でがんばりますので、応援よろしくお願いします。

マイク・ディ・メリオ選手

■国籍:フランス ■生年月日:1988年1月17日

日本のファンはもてなしの心があり、大好きな国。そして鈴鹿は大好きなサーキットであり、YZF-R1でまたここを走れることを非常に楽しみにしています。そしてもちろん、鈴鹿8耐で世界チャンピオンになるために全力を尽くします。

ニッコロ・カネパ選手

■国籍:イタリア ■生年月日:1988年5月14日

鈴鹿8耐は、とてもすばらしいレース。昨年の鈴鹿8耐では、僕にとって初の世界チャンピオンを獲得しました。それは最高の瞬間であり、一生忘れることのできない思い出です。今年は2連覇を達成して、再び最高の瞬間を日本のファンと味わいたいと思います。

YART Yamaha Official EWC Team

ブロック・パークス選手

■国籍:オーストラリア ■生年月日:1981年12月24日

今年もYARTは総合力の高いチームです。その中でもブリヂストンタイヤを使用するR1がかなりよい状態にあり、鈴鹿8耐に参戦してくるトップチームともしっかりと戦えるチャンスがあるので、鈴鹿8耐を本当に楽しみにしています。

マービン・フリッツ選手

■国籍:ドイツ ■生年月日:1993年4月10日

今年も、鈴鹿8耐にヤマハライダーとして参戦できとてもうれしく思います。また、こうした機会を与えてくれたYARTとヤマハに感謝します。

スロバキアリンクでの勝利のあと、オッシャースレーベンを経て、僕たちは鈴鹿でベストなパフォーマンスを発揮するため準備を進めています。僕にとって今回は、2回目の鈴鹿でコースも知っているので落ち着いて臨めますし、チームメイトも速く、マシンの状態もよいので、今年はきっとよい成績を残すことができると思います。

藤田 拓哉選手

■出身地:千葉県 ■生年月日:1994年11月28日

今シーズンはここまで体調不良などもあり、ファンの皆さん、そして世界耐久選手参戦のチャンスを与えてくれたヤマハとYARTの期待に応えることができていません。しかし、鈴鹿は僕にとってホームコース。チームの状態もよく、マシンも好調なだけに、この鈴鹿8耐ではチームの力になり、しっかりと結果に貢献したいと考えています。ぜひ、応援をよろしくお願いします。

マックス・ノイキルヒナー選手

■国籍:ドイツ ■生年月日:1983年4月20日

鈴鹿8耐メンバーの一員になることができとてもうれしく思います。昨年、コースを学ぶ機会があったので鈴鹿のことは知っていますし、スロバキアでの勝利により鈴鹿に向けてチームはさらに強くなっています。

私たちは家族のようであり、すばらしいバイクとチームメイトにも恵まれていることでYARTは強力なチームとなっています。そして常に考え、決してあきらめない姿勢、これもまた強さの秘訣です。鈴鹿ではヤマハ、チームそしてサポートしてくださっているみんなのために全力をつくします。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲©2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会 NEXCO…
  2. ドゥカティは、「Scrambler 1100 Test Ride Week」を8月5日(日)…
  3. ドゥカティは、「The Land of Joy」を8月4日に南大阪で開催する。 ツーリ…
  4. ハーレーダビッドソン ジャパンは、7月30日(月)~8月3日(金)にかけて東京・大井競馬場で…
ページ上部へ戻る