2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高速周回路で最高速テストした。比較対象は前作H2とZX-14R。果たして何キロ出たのか?!

最高速マシンとは異なるキャラクターが明白に!

ツーリングテストから日を改めて、H2 SXのSTDを持ち出し、高速周回路で0→1000m加速と最高速アタックを敢行した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る