CBX1000の6気筒がさらに輝く!手曲げチタンフルエキゾーストマフラー!

CBX1000/6気筒エンジンの存在感が異次元突破する!
こだわりの手曲げマフラー!

MotoGear モトギア:CBX1000用 手曲げフルエキゾーストマフラー

当時、人気実力ともに絶頂だったカワサキZ1000を上回るべく、最強のフラッグシップマシンとしてホンダが開発したCBX1000。
その特徴はなんといっても迫力の直列6気筒エンジン!

エンジンから伸びる6本のエキパイは、他のバイクにはない威圧感を感じさせます。
今回はCBX1000のアイデンティティである、6気筒エンジンを一層輝かせるこだわりのマフラーをご紹介します。

CBX1000の走りにも効くマフラー 6-2-1集合管 手曲げ加工の意味

バンク角確保のため集合部を斜めに配置
6本をココで一気に2本でまとめ、エンドは1本出しとなる

▼集合形式は6-2-1を採用 手曲げ加工でバンク角を確保
直列6気筒エンジンを採用したため、車幅が広いCBX1000。
少しでもバンク角を確保するために、手曲げ加工により6-2-1の集合部を斜めに配置しました。
また、センタースタンドが干渉してしまうのを防ぐために、センタースタンドストッパーも付属されています。

チタンの焼き色・軽さ・音を堪能できるマフラー

→続きから スペックや迫力のエキゾーストサウンドを視聴する!

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る