あなたの大切な愛車に【elf】エルフのバイク用エンジンオイルをおススメする2つの理由

世界第屈指のオイルメジャー企業elfオイルの底力を知る!

特にここ最近お店に行くと、棚いっぱい所狭しと並べられているエンジンオイル。正直どれを選んだら良いのか迷ってしまうところです。

「どのオイルが良いの?」と人に訊いても、その答えは三者三様だし・・・

おおまかに、
・二輪専用に開発されたオイルなのか?
・4ストローク用なのか、2ストローク用なのか?
・使用用途はストリート/ツーリング/スポーツ/レースのどれか?
・オイル粘度はどれを選ぶか?

で絞りますが、それでもその選択肢はまだまだ多いです。
そもそも各メーカーごとに何が違うのでしょうか?

モータースポーツと共に歩んだ歴史

PHOTO:TOTAL
PHOTO:TOTAL

エルフというブランドは1939年にフランスで生まれました。当初はフランスの国営企業でしたが、1994年に民間企業に経営が移管され、その後2000年に世界第4位のオイルメジャー トタルグループに参入しました。
また1968年よりルノーとパートナーシップを組み、F1に参戦し続けています。

PHOTO:TOTAL
PHOTO:TOTAL

二輪専用オイルに関しては、長年カワサキとパートナーシップを組んでおり、同社推奨オイルとして指定されています。
もちろんワールドスーパーバイクや全日本選手権でも、カワサキ ファクトリーチームはエルフオイルを使用しております。

さらにその領域はオンロードレースのみにとどまらず、オフロードレースでも多くのユーザーに支持されています。
特に過酷なレースで知られるダカールでは高いシェアを誇ります。

エルフ【elf】オイルはここが凄い!
パート1:世界第4位のオイルメジャー企業!

PHOTO:TOTAL
PHOTO:TOTAL

エルフ【elf】ブランドを擁するトタルグループは世界第4位のオイルメジャーです。オイルメジャーとはエンジンオイルの原料となる石油の採掘、精製、オイルの生産から販売までを一貫して行う巨大企業です。

そもそもエンジンオイルの構成成分の80%はベースオイルであり、残りの20%が添加剤なのですが、このベースオイルを製造しているのが、オイルメジャーと呼ばれる企業なのです。

日本市場で見られる多くのエンジンオイルメーカーは実は小規模の企業が多く、上記のオイルメジャーが生産したベースオイルを購入し、それに独自の添加剤を配合/調整してオイルを製造しています。

つまりエルフ【elf】は、エンジオイルの性格/性能を決める主要因となるベースオイル自体を開発する事が出来るため、その他のエンジンオイルメーカーと比較しても、優位に開発を進めることが出来るというわけです。

また世界130ヵ国にものぼる販売拠点より吸い上げた情報をもとに、日々研究開発を進めているため、幅広い使用環境/車両に対応することが出来ます。

エルフ【elf】オイルはここが凄い!
パート2:あなたの愛車にピッタリ合う豊富なラインナップ

あなたの愛車にピッタリなエルフ【elf】のオイルを見つける!

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
  2. 熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS…
  3. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る