国交省、違法マフラーなどの排除に向けた取組みを強化 6月を強化月間とし街頭検査などを実施

国土交通省では、6月を『不正改造車を排除する運動』の強化月間として、関係省庁、自動車関係団体等と連携し、全国で集中的に170回以上の街頭検査を実施するなど、平穏な生活環境を破壊する原因となっている違法マフラーなどの排除に向けた取組みを強化すると発表した。

全国で177回の街頭検査を計画

国土交通省では、違法マフラーを装着したり、タイヤが車体外にはみ出した不正改造車を公道から排除するため、警察庁、独立行政法人自動車技術総合機構、軽自動車検査協会等との連携により街頭検査を実施し、違反車両に対して整備命令を発令する。

【参考動画】フロントガラスにシールはNG!?
知らないと恐い 車の『プチアレンジ』

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
ページ上部へ戻る