【新車】ヤマハ、エンデューロ競技用「YZシリーズ」4機種の2019年モデルを8/28に発売 YZ450FXがフルモデルチェンジ

▲YZ450FX

ヤマハ発動機は、124cm3~449cm3の排気量を揃えたクロスカントリー・エンデューロ向け競技用モデル「YZ450FX」「YZ250FX」「YZ250X」「YZ125X」4機種の2019年モデルを、8月28日より発売すると発表した。

フルモデルチェンジとなる「YZ450FX」
スマホでエンジンセッティングが可能に

1)エンデューロレース専用に最適セッティングを施し軽快なハンドリングなどを実現するフレーム&サスペンションセッティング
2)エンデューロレースで求められる扱い易さ、高回転域での力強さを実現する専用セッティングを施したエンジン
3)スマートフォンなどでユーザー自身がきめ細かいエンジンセッティングを可能とする新パワーチューナーの搭載
4)路面状況などに応じて手元でエンジン特性を切替えられる「モードスイッチ」の採用
5)マス集中化を図りながら8.2Lの容量を備える樹脂製燃料タンクの搭載
6)プロテクション性に優れる新形状の樹脂製アンダーガードの搭載

などモトクロス競技用のハイエンドモデル「YZ450F」をベースに、エンデューロレースでの表彰台を狙うモデルとして開発した。

その他のモデル

▲YZ250FX

▲YZ250X
▲YZ125X

「YZ250FX」「YZ250X」「YZ125X」は、上位モデルとのリレーションを図ったカラー&グラフィックデザインが採用された。

これらの製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」にて、2018年6月7日から12月9日の期間限定で予約販売となる。

YZ450FX

メーカー希望小売価格:1,058,400(税込)
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

YZ250FX

メーカー希望小売価格:810,000円(税込)
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

YZ250X

メーカー希望小売価格:734,400円(税込)
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

YZ125X

メーカー希望小売価格:626,400円(税込)
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

※「YZ450FX」「YZ250FX」「YZ250X」「YZ125X」は、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。

2019年モデル「YZ450FX」主な特徴

1)エンデューロレース専用に最適セッティングを施し
軽快なハンドリングなどを実現するフレーム&サスペンションセッティング

車両重量は、2018年モデル比約3kgの軽量化を実現した。
フレームは、モトクロス競技用モデル「YZ450F」と同一のバイラテラルビーム・フレームを採用。懸架の締結部の剛性をチューニングし、エンデューロに求められる、しなやかな剛性バランスを実現。良好な接地感と軽快なハンドリング、ギャップ走行時のダイレクトな路面状況の把握を可能にした。
フロントサスペンションは、アウターチューブを「YZ450F」と同一パーツとし、良好な接地感に貢献。シリンダー径も従来モデルの24mmから25mmに拡大しオイル流量を増加。
リアサスペンションも、従来モデルよりも高い疲労強度をもつコイルを採用することで、従来比約350gの軽量化を行った。

2)エンデューロレースで求められる
扱い易さ、高回転域での力強さを実現する専用セッティングを施したエンジン

モトクロス競技用モデル「YZ450F」のエンジンをベースとして、エンデューロでの走破性・扱いやすさを照準に合わせて開発した。吸気系と、FI・点火マップを「YZ450FX」専用にセッティングすることで、レースで必要な扱い易さ、高回転域で力強く伸び続けるパワー特性、良好なオーバーレブ特性を実現した。
また、セルフスターターシステムの電源は、「YZ450F」と同様に軽量なリチウムイオンバッテリーを採用した。その他、2018年モデル同様、ラジエターファンも装備している。

3)スマートフォンなどでユーザー自身がきめ細かい
エンジンセッティングを可能とする新パワーチューナーの搭載

パワーチューナーにより、セッティング機能が大きく向上。専用アプリケーションをダウンロードしたスマートフォンなどを操作することで、エンジンセッティングを行うことが可能だ。エンジンマップを格子で示す「スロットル開度(%)」「回転数(r/min)」のポイントは、従来モデルの3×3から4×4に細分化、かつ、わかり易くビジュアルで表示する。
また、各ポイントに設定できる値も任意で選択可能。それにより、狙いの回転域でのきめ細かなセッティングが可能となった。
その他にも、レースログや故障診断、リアルタイムでの車両状況チェックモニター、データのバックアップ機能も備えている。

4)路面状況などに応じて手元でエンジン特性を切替えられる
「モードスイッチ」の採用

ハンドル左側には、エンジンマップの切り替えが可能な「モードスイッチ」を設けた。2ndマップはSTDマップに対して、ウッズやテクニカルな低速セクションでの扱い易さ・走破性を重視したセッティングを施した。
また、STDマップ、2ndマップそれぞれに対して、パワーチューナーで好みに合わせたエンジンセッティングも可能だ。

5)マス集中化を図りながら8.2Lの容量を備える樹脂製燃料タンクの搭載

クロスカントリーレースでの給油回数を削減するため、容量8.2Lの専用樹脂製タンクを採用しました。燃料ポンプをコンパクトにすることで、タンク中心から下方向に約2L分拡張(「YZ450F」比)し、低重心化・マス集中化を図った。その結果YZ450F同様、自由度の高いライディングポジション、軽快な操縦性を確保している。

6)プロテクション性に優れる新形状の樹脂製アンダーガードの搭載

外装の細部にまで熟成を行い、強度に優れる樹脂製のアンダーガードを採用。轍走行や飛び石によるフレーム、エンジン、ウォーターポンプ、ホースなどの損傷防止効果を高めつつ、スリムなフォルムにより轍に引っ掛かりにくく、かつ前輪からの泥入りも最小限になるよう配慮した。

※写真は海外仕様です。仕様が一部国内とは異なる場合がある。

2019年モデル「YZ450FX」主要仕様諸元

登録型式/原動機打刻型式 B3J4
全長×全幅×全高 2,175mm×825mm×1,270mm
シート高 955mm
軸間距離 1,480mm
最低地上高 320mm
車両重量 116kg
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 449cm3
内径×行程 97.0mm×60.8mm
圧縮比 12.8:1
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 0.90L
燃料タンク容量 8.2L(無鉛プレミアムガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
1次減速比/2次減速比 2.608 (60/23)/3.846 (50/13)
クラッチ形式 湿式, 多板
変速装置/変速方式 常時噛合式5速 / リターン式
変速比 1速2.416 (29/12)/2速1.733 (26/15)/3速1.312 (21/16)/
4速1.050 (21/20)/5速0.840 (21/25)
フレーム形式 セミダブルクレードル
キャスター/トレール 27°10′/116mm
タイヤサイズ(前/後) 80/100-21 51M/120/90-18 65M (前後チューブタイプ)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
【YZ450FX:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
【YZ250FX:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
【YZ250X:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る
【YZ125X:Webike車種別情報】
◆スペックや相場、車種別パーツ、ユーザーのカスタムなど車種別情報を見る

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る