スズキ、Vストローム250後付用品のトップケースプレートに自主改善 破断し脱落するおそれ


※参考画像

スズキは、Vストローム250用の後付用品として販売したトップケースプレートについて、自主改善を国土交通省に報告した。

対象となるユーザーには、ダイレクトメールまたはスズキ販売店等から案内をし、対策品との交換を行う。

以下公式サイトより


自主改善詳細

自主改善開始日

平成30年6月7日

不具合の内容

後付用品として販売したトップケースプレートにおいて、取付部の強度が不足しているものがあり、段差等を通過した際、その衝撃によりトップケースプレートが破断し、トップケースとともに脱落し、他の交通の妨げになるおそれがあります。

改善の内容

トップケースプレートを対策品と交換します。

対象製品

対象の製品名

トップケースプレート

部品番号

93900-21810

自主改善対象製品の出荷期間

平成29年7月20日~平成30年1月26日

自主改善対象数

912個

改善箇所説明図

対策品トップケースプレートの識別方法

ご注意

対象となるトップケースプレートは2BK-DS11A Vストローム(DL250)の純正用品です。
後付用品の製作期間は、ご購入の時期とは異なります。

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る