ナイケンとゴールドウイングのステアリング機構

2018年5月中旬から実施されているナイケンの試乗会で、初めてカウルを外した車体が公開された。ネイキッド仕様のナイケンではLMWテクノロジー以外でもステア機構に特徴が見られ、偶然にも2018新型ゴールドウイング/ツアーと共通項があったのだ。

デュアル ステアリング アクスルを採用

一般的なバイクのグリップ位置は、ステムシャフトの上にハンドルをマウントしその形状によって決められる。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る