Z900RS東京モ―ターショーカスタムの排気音

2017年10月の東京モーターショーで世界初公開となったZ900RSとともにカワサキが出展した、ドレミコレクション製作のZ900RS ネオクラシックZ1カスタムが排気音を響かせた。

2018年5月19日に実施されたテイスト・オブ・ツクバのZ900RSパレードランに参加し、代表の武氏自らライディングしたのだ。

4本マフラーのエキゾーストノートは格別

Z900RSのモチーフとなったZ1は国産では2社目となる並列4気筒エンジンを搭載したモデルだが、当時の市販車に集合マフラーは存在せず各気筒1本ずつの4本マフラーを採用しているのが普通だった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、12月11日(火)に、東京・南青山のMORIO'S…
  2. トライアンフは、12月15日(土)より2019年モデル「Street Scrambler」を…
  3. トライアンフは、12月15日より2019年モデルNEW Street Twinを発売すると発…
  4. アウトドア用品の中でも、マルチツールの王道として知られるLeatehrman(レザーマン)。…
ページ上部へ戻る