【OGA 小川裕之 コラム】ノーマルのストリートトリプルRでエクストリーム競技の技ができるのか?

Webikeのサポートライダーでエクストリーム競技に参戦しているOGAこと小川裕之選手がYoutubeチャンネルを開設しました!
>>OGAチャンネル

Youtubeチャンネルの開設にあわせて、Webikeニュースで小川選手のエクストリーム競技全般についてのコラム連載を開始します。

今回のテーマは「スタンダードの状態でエクストリーム競技の技ができるのか?」。まだスタント競技用に改造する前のトライアンフ・ストリートトリプルRで、様々なトリック(技)に挑戦。動画とともにぜひお楽しみください!

転んでも何度でも難しい技にチャレンジ

【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】

皆さんこんにちはスタントライダーのOGAです。

先日、ちょっとしたチャレンジをしてみました。僕らエクストリームライダーはスタント車両と呼ばれる、技をやり易くしたバイクで通常では考えられない技を繰り出しているわけです。エンジンガード、つぶれたタンク、左手についているリアブレーキ、ビッグスプロケットなど、通常のバイクには装着されていないものが沢山ついてます。

だから、いろんな技にチャレンジしたり、転んでも何度でもバイクが壊れずに難しい技に挑戦できる訳です。

2号機となるトライアンフ・ストリートトリプルRを入手

それで先日、2号機となる予定のバイクが手に入りました。毎日転びながら練習するので、バイクのトラブルが非常に多いです。スペアバイクがないと、練習の継続が難しかったり、ショーの時にバイクが故障で乗れない!なんてことがあり得ます。なので、頑張って2号機を購入したんです。これは完全に設備投資であります(涙)

で、実は2号機用のスタントパーツは一通り購入済みで、すでに全て持っています。すぐに取り付けて、2号機を競技用にセットアップをしていきたいのだけど、ノーマルのバイクを前に思うところがありました。

「エクストリームって特殊なバイクだから技ができると思われがちだよな」

ってね。いやいや本当にその通りなんです。だって、数えきれないほど特殊パーツが装着されてるんですもん。なので、エクストリームライダーの真のスペックって分からないわけですよ。いつも特殊な車両でパフォーマンスをやっていますから。
比較するには普通の人が乗れる状態のバイクで技をやってみないと、本当のライダーのスペックってわからないよね?現状、モトGPを走るようなバイクをサーキットに持ってきて、

「俺早いっしょ?」

って言ってるのと同じ状況で、普通の人たちと同じ土俵ではないから、

「特別なバイクでやってるんだから、そりゃ速いでしょ!」

って思われちゃうのは当然。なのでスタントライダーの本当のライデインングスペックってわからないのが現状なんです。
そこで思いついたのが今回の企画!

ノーマルのビッグバイクでどこまでスタントライディングができるのか?

これでスタントライディングにチャレンジすれば、一般のライダーの皆さんにもエクストリームライダーのスペックがわかりやすいですよね。

そんな思い付きで、先日購入した2号機のストリートトリプルR、バイク屋さんで買ってきてそのままの状態でスタントライディングに挑戦してみました!正直転んだら損害が大ですから、ビビりながらのチャレンジですが(汗)

実際にチャレンジしてみたので、是非ご覧ください!

小川 裕之

小川 裕之 エクストリームバイク スタントライダー

投稿者プロフィール

アメリカ、ヨーロッパ、アフリカの最高峰の大会で表彰台獲得を達成した唯一の日本人ライダー。
海外参戦9年目となり、海外の大会参戦やイベント出演の回数は50回を超え、2014年~2017年には海外大会において日本人最高位獲得。名実ともに日本人トップライダーとなる。
また、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にも招待されショーを行うなど、アジア諸国からも評価が高く、その活動の範囲は日本国内はもとよりアジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東とグローバルに広がっている。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  2. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
  3. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  4. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
ページ上部へ戻る