今のうちから備えておきたい!見た目もおしゃれな防水バッグ、防水スマホケース9選!

梅雨に入っていくこれからの季節、中途半端な雨に悩まされたり、天気予報とにらめっこなんてことが増えますよね。
今回は雨でも走り続けるライダーに、普段使いも全然OKな防水バッグとスマホケースをご紹介します。

もちろん、ツーリングに使える大型のシートバッグなどライダー必見の季節にあわせた、おすすめのアイテム9選をピックアップしました!

普段使いにも便利な防水ウエストポーチ・バッグパック!

コストパフォーマンスに優れるシームレスバッグ
【ROUGH&ROAD/AQA DRY ヒップパック】

■サイズ:W30×D9×H15cm
■容量:5L

と、手ごろなサイズ感です。
程よいサイズ感なのでライディング時には、風に煽られたりすることなく、運転の邪魔にもなりません。バイク乗りであればこのようなサイズ感のバッグを一つは持っておきたいところですよね?突然の雨にも対応できるこの防水バッグが便利です!

縫い目のない加工(シームレス)で防水性抜群となっています。水をよく弾くので多少の汚れであれば拭き取るだけで綺麗な状態を維持できます!

ROUGH&ROAD/AQA DRY ヒップパック Web!keの掲載ページはこちら!

車載もショルダー掛けもでき、コンパクトにしてしまえる万能防水バッグ
【GIVI UT801 防水ドラムバッグ】

■本体サイズ:直径260×横510mm
■容量:30L

サイズ感は30Lと大き目です。長期のツーリングなどにも対応できるサイズです。

こちらの商品は装備、内容物が優れています!
・ショルダーベルト
・ゴムコード×2

フックの付いたゴムコードが付属しているので画像のように車載用に使うこともでき、ショルダーベルトを使用すれば、バイクを降りた後も盗難など心配することなく持ち運びできます。

エア抜き用のエアバルブもついているので、バッグのサイズ感を調整したり、使わないときは畳んでしまうこともできます。様々な用途に対応することができる大変便利な防水バッグとなっています。

防水性もIP66相当の防水防塵性を持っています。この【IP66】とはJISなどで決められた基準があり、前の数字が固形物に対する保護等級、いわゆる防塵性です。後ろの数字は水分に対する保護等級、つまり防水性となっています。どちらの等級も数字が大きくなるほど、その効果が高いことを表します。

こちらの商品では防塵性6段階中の“6”と一番大きい値となっています。埃や塵が全く侵入することはありません!

防水性では8段階中の”6″になります。いかなる方向からの強い雨でも影響を受けることなくしっかりと中の荷物を守ってくれる優れものとなっています。

ロングツーリングにも最適なUT801 防水ドラムバッグおすすめです!

GOLDWIN GIVI UT801 防水ドラムバッグ Web!keの掲載ページはこちら!

人間工学に基づいたストレスフリーな防水リュックサック
【GIVI 防水バッグパック [GRT701]】

■サイズ:底部縦220×底部横230×高さ440(mm)
■容量:25L

上でもご紹介したGIVI製品。こちらの商品はIP65相当の防水防塵性を持っています。防水性の等級”5″ではいかなる方向からの雨でも影響を受けることはありません!

→続きは<Buyer’s Collection>ウェビックスタッフ一押しのオススメ商品をピックアップ

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る