スーパースポーツを快適に!「ハリケーン アルミセパレートハンドル」手首が疲れないタレ角ゼロのハンドルバー

【PR】

▲GSX-R1000R(’17)

【ビッグマシン・ゼロ:文-編集部】

ツーリング時のツラさが如何ともし難いのが、スーパースポーツ(以下SS)の前傾したライディングポジション。特にハンドルの低さや強いタレ角によって生じる手首の負担は、長距離になればなるほどライダーを苦しめる。

ホースやケーブルはノーマルのまま装着可能

そんなSSのライポジを快適化できるのが、ハリケーンのアルミセパレートハンドル。タレ角を0度に設定、グリップを路面とほぼ水平として、手首の負担を軽減するハンドルバーだ。

厳密にはFフォーク角度の分だけわずかなタレ角が付くが、ハンドルの高さはバーエンド部で4~6cmもアップ(車種によって差あり)するから、快適性が大幅に高まるのは間違いない。

ノーマル

▲CBR1000RR(’08)

ハリケーン

▲CBR1000RR(’08)

ブレーキホースやワイヤー/ハーネス類が交換不要な完全ボルトオンなのも特徴だ。車種別の専用設計なのでタンクやカウルへの干渉もないし、約2~3万円と価格は手頃なのに、質感が非常に高いのも嬉しい点。

Fフォークをクランプするホルダー部は精密マシニングによるアルミ削り出しで、ポリッシュ&アルマイトの仕上げも美しい。同じくアルミ製のハンドルバー部との2ピース構造なので、転倒などで破損した時はバーだけの交換も可能だ。

ハリケーンによれば、タレ角減少によるコーナリング時の違和感は最小限ながら、手首の疲労はノーマルとは雲泥の差だという。SSを愛するツーリング派に、ぜひ試してほしい逸品だ。

税込価格:2万3,544~3万3,480円

【Webikeショッピング】
アルミ セパレートハンドル 商品ページ

【POINT】タレ角をゼロとし、ツーリングを快適に

▲GSX-R1000R(’17)

▲GSX-R1000R(’17)

現行型GSX-R1000の場合、ノーマルに対してバーエンド部で60mmアップ(バーエンドキャップは別売)。ハンドル自体のタレ角設定は0度だが、ハンドルの絞り角と、Fフォークの角度の分だけわずかなタレ角が発生する。この絶妙な角度設定もハリケーンのノウハウだ。

▲パッと見は純正ハンドルにも思える、ハデさを抑えた仕上がりも特徴。大人のカスタム!

国産4車のSS系に対応

国産4社の600/1000ccスーパースポーツ系を中心にラインナップ。’90年代後半の機種も多く、以前はサーキットで鳴らした愛車を、ツーリング仕様に仕立て直すにもピッタリ?

車種 | 対応年式
CBR900 / 929RR ’96 ~ 01
CBR954RR ’02 ~ 03
CBR1000RR ’04 ~ 16
VTR1000F ’97 ~ 07
CBR1100XX ’96 ~ 08
CBR600RR ’03 ~ 16
CBR600F/S/F4i ’99 ~ 10
YZF-R1 ’98 ~ 08
YZF-R6 ’99 ~ 04
GSX-R1000 ’01 ~
SV1000S ’03 ~ 06
ZX-10R ’04 ~ 07

CBR1000RR(’04~16 SC57/59)用

▲※ABS車は適合未確認

GSX-R1000R(’17~)用

ハンドルスイッチ穴も加工済

製品はハンドルバーと、Fフォークへクランプするホルダー部の2ピース構成。スイッチの取り付け穴加工も施工済みだ。

車種によってはリザーバータンクの移設用ステーやブレーキのショートパーツなども付属、完全なボルトオン装着を実現している。

【Webikeショッピング】
アルミ セパレートハンドル 商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る