ヘルメットのシルエットを崩したくない貴方へ!「ミッドランド BT GO UNI / JET」スマート&気軽に音楽と通話を満喫

【PR】

▲BT GO UNI

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 写真-飛澤慎】

イタリア生まれの総合無線機器メーカー、ミッドランドが送るBTシリーズは、優秀なコストパフォーマンスで人気のインカム。新たに、BT-GOユニと同ジェットがシリーズに加わった。

必要十分な機能を備えつつお値打ちプライスが魅力!

スマホと接続して音楽や通話ができるヘルメット用ブルートゥースヘッドセットに、タンデム間通話をプラスした製品で、推奨距離は50m程度。ユニはヘルメットを選ばず装着でき、ジェットはマイクと操作ボタンが一体化したオープンフェイス向けのモデルだ。

最大の特徴は、超コンパクトなボディ。バッテリーと操作部が一体化され、ヘルメットの外側からインカムがほぼ見えない。ユニの場合、見えるのは極小さなボタンユニットのみ。ジェットは、マイクにボタンが併設されているため、マイクしか見えない。ヘルメットのシルエットを損なわない、スッキリした外観はBT GOの大きなアドバンテージだ。

▲BT GO JET

通話音質も良好だ。高音がクリアで、ラインなどのIP電話に近い。また、機能や操作がシンプルなのも美点。同時通話は2人までとし、BT GO同士や同社製インカムとの通話、スマホとのブルートゥース接続といった基本的な機能に絞ることで、約1万円というリーズナブルなプライスを実現している。ソロやタンデム用の2台目として最適だ。

税込価格:1万2,960円(UNI)、1万800 円(JET)

【Webikeショッピング】
BT GO UNI / JET 商品ページ

【POINT】ボディが超コンパクト設計

ヘルメットの外側に露出するのは操作ボタンやマイクのみ。まさに「見えないインカム」だ。充電は、スピーカーから伸びているミニUSB端子で行う。USB充電ケーブルが付属し、約2時間の充電で最大8時間の通話が可能。

UNIにはワイヤードマイクとフレキシブルなブームマイクが同梱され、フルフェイスとジェットヘルメットに対応する。

UNI

JET

スイッチは2つのみ!

ボタンが+と-のみなので、操作はカンタン。BT GO同士なら-ボタンを押すだけで通話がスタート。電源オンオフはボタン2つを同時に長押しすればOK。なお、ユニット部分は防水設計だ。

UNI

JET

BTトークで距離無制限に!

BT GOに、同社のスマホ通話アプリ「BT トーク」を組み合わせれば、世界中と人数制限ナシで会話できる。

スマホの画面か、ハンドルに装着するBTTボタン(別売 7,560円)を押した時に音声発信するトランシーバー的な交互通話が楽しい。他ブランド間での通話にも活躍する。

【Webikeショッピング】
BT GO UNI / JET 商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフモーターサイクルズジャパンは、12月11日(火)に、東京・南青山のMORIO'S…
  2. トライアンフは、12月15日(土)より2019年モデル「Street Scrambler」を…
  3. トライアンフは、12月15日より2019年モデルNEW Street Twinを発売すると発…
  4. アウトドア用品の中でも、マルチツールの王道として知られるLeatehrman(レザーマン)。…
ページ上部へ戻る