高いコンフォート性能とシャープなフォルムを融合!Kabuto「EXCEED」高速巡航も悠々

【PR】

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 撮影-飛澤慎】

安全性はもちろん、デザインや空力性能、良心的な価格設定で人気のカブト。本作のエクシードは、アサギに続く、インナーバイザー付きの最新ジェットとなる。スポーティ指向のアサギに対し、ストリートでの快適性を重視しているのが特徴だ。

使い勝手は軽快&イージー、大型サンバイザーも優秀だ

▲税込価格:2万8620円(単色)、3万780円(グラフィック)。帽体は、シミュレーターのFEM構造解析により無駄な部分を削減。安全性を確保しつつ軽量化を進めた。シールドは延長され、走行風を左右に分散するリブを追加。別売のピンロックシート(3240円)も装着できる。

POINT 独自形状により着脱がスムーズ

▲あご紐に重なる部分をスリム化した頬パッドにより、脱着時に頭や耳の引っかかりが少ない。アサギと比べれば、形状の違いは一目瞭然だ。頬パッドのスポンジも柔らかめの材質で、左右に広げやすい。マイクロラチェットバックルと合わせて、着脱はストレスフリーだ。(左:エクシード、右:アサギ)

手に取ると、スタイリッシュな外観に惹かれる。エッジの利いた造形とコンパクトさに加え、各部にあしらったカーボンエッチングが大人に似合う高級感を醸し出している。
そして着脱がイージーだ。帽体下部および頬パッドの形状、柔らかめのパッド材質により、開口部が大きく広がるため、スルッとスムーズに頭の出し入れが可能。ラチェット式バックルも採用し、街乗りやツーリングでの頻繁な脱ぎ着も楽々だ。

POINT 風を制するウェイクスタビライザー

▲風洞実験や実走から生まれた、カブト自慢の特許技術=ウェイクスタビライザーは本作でも健在。後部下左右に設けたベンチレーションと一体型の突起が帽体付近に発生する乱流を制御し、ヘルメットのブレを抑える。

ホールド感は、後頭部を含めて頭全体を的確に包む印象。頬はややカッチリ目で、被り心地は軽快だ。走り出すと、周囲の音が比較的聞こえるものの、決して不快ではなく、100km/h巡航でもリフト感やブレは皆無。これも独自のウェイクスタビライザーによる恩恵だろう。さらに、新設計のロングシールドにより走行風が頬の横を抜けていくため、巻き込み風も気にならない。

POINT インナーサンシェードと専用シールドが快適

▲広い視界をカバーする大型の専用インナーサンシェードを採用。レバーの上下で素早く開閉できる。シールド内側には窪みを設け、ピンロックシートの密着性をアップ。新形状の窓ゴムにより、静粛性もアップしている。シールドはワンタッチで着脱できる上に、カバーレスのため、作業もしやすい。

便利な内蔵サンバイザーは、軽い操作感が印象的。アサギはワイヤー式だったが、よりダイレクトな操作感と軽量化を実現するため、本作では直動式とした。左シールドベース後方に設定されたレバーを動かすと、スッと軽くオンオフできる。インナーサンシェードは専用設計の大型タイプで、視界をしっかりカバーして明暗差が少ないのもいい。この内容で3万円を切る価格は実にお買い得だ。

進化版のメガネスリット


メガネスリット付きの頬パッドは、新たな縫製パターンを採用。メガネやサングラスのツルが一段とスムーズに入り、ブレにくい設計となっている。

クール内装で夏に強い


内装は、あご紐カバーを含めて全て着脱可能。表面生地のクールマックスは、サラッとした肌触りで、汗をかいても速乾性に優れる。

前後ともに大型の開閉式ダクト装備

効果的に走行風を導入するエアインテークは、2段階調整式。リヤのエアアウトレットは、中央の大型スイッチで開閉可能。ともにグローブでも簡単に操作できる。

カラバリは計8種類

帽体は2シェル(XS~M、L~XL)の設定で、軽量コンパクト化を実現。カラーは単色のほか、幅広いバイクやウェアに合わせやすいグラフィックモデル「DELIE」(デリエ)も用意。豊富な計8色から選ぶことができる。

▲シャイニーレッド
▲パールホワイト
▲クールガンメタ
▲ブラックメタリック
▲フラットブラック
▲DELIEホワイトブラック
▲DELIEフラットブラックグレー
▲DELIEフラットブラックブルー
【Webikeショッピング】
EXCEEDヘルメット 商品ページ

関連記事

ピックアップ記事

  1. パルサーカバーとジェネレーターカバーの2点をラインナップ ヨシムラジャパンは、カワサキZ9…
  2. 第10回!4ミニだらけの恒例イベント 10月27日(土)に、鈴鹿ツインサーキットで「ENJ…
  3. ツーリングプランのコースを無料でナビゲーション ナビタイムジャパンは、2018年8月17日…
ページ上部へ戻る