メッキの輝きが映えるこだわりのショート管 Nプロジェクト「EXAUST SYSTEM Brass D Short Z MUFFLER」

【PR】

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 写真-真弓悟史】

「EXAUST SYSTEM Brass D Short Z MUFFLER」は、Z900RS用のJMCA政府認証マフラーとしては、最もショートかつ細身になっている。
あの頃のショート管を彷彿とさせるスチール製スリップオンは、Z系に特化したアフターパーツメーカー=ドクターZレーシングとNプロジェクトの共同開発で生まれた。幾度となく試作と実走を重ね、規制をクリアしつつ、スタイルとサウンドを造り込んだ。

高精度と美しい仕上がりを追求、音質も徹底して造り込んだ

▲好評発売中のブラスDショートZマフラーに、エンド部までメッキのオールメッキが新登場した。
■税込価格:7万9920円

職人の手仕事が光る一本 扱いやすい乗り味にも注目

停止時の排気音はノーマルより2dB抑えてジェントルになり、加速時は雑味のないレーシーなサウンドが楽しめる。走りは、低速域のドンツキが抑えられ、扱いやすい乗り味に変化。一方、高回転域では胸のすく伸びを見せる。

仕上げも見事で、長年マフラーを製作してきた職人の手により全く目立たない溶接痕や、高精度な削り出しの結合部を実現。手作業による2層クロームメッキとバフ研磨も高級感たっぷりだ。美観とサビ防止のため、インナーパイプにまでメッキを施し、まさに、こだわりの一本となっている。

POINT 高品質&高精度!

エンドキャップは真鍮の削り出し。音量規制と美観を両立するため、インナーサイレンサーは何度も試作を重ね、テーパー部とほぼ面一に収めた。


連結部は、最先端の機器を用いたマシニング。抜群の精度を誇り、バンドやスプリングを使用せずスマートに装着可能で、純正ガスケットもピタリと収まる。

全4カラーが選べる

オールメッキのほか、メッキ+真鍮エンド、ツヤ消し黒+真鍮エンド、オールブラックの4種類を用意。ブラックは、戦車の砲身にも用いられる耐熱&耐衝撃性のセラコートを施し、素材選びからフィニッシュまで全て日本製。

伝統のビキニカウルも登場

ブラスター2 ●税込価格:3万5424~8万4024円 エアロスクリーンは+2160円
※写真のキャンディトーンブラウン(ストライプ)は税込5万9184円

ロングセラーのビキニカウル、ブラスター2にZ900RS用がリリース。’90年代Z改のルックスを違和感なく獲得でき、車種専用設計なのでクリアランスも最適となっている。

アイデアが光る、ブリーザー「スタイル」キット!

▲真鍮4段ブリーザースタイルキット●税込価格:1万584円

往年のZカスタムで定番だったブリーザーホースの「スタイル」を再現できるキット。本来の役割であると排ガスを放出するため公道走行不可だが、本作はドレスアップパーツのため、合法となる。

▲穴は未貫通!真鍮製のホース差し込み部は、貫通していないため合法。ドリルで穴を開け、貫通させれば、本来の用途も果たすことができる。

【Webikeショッピング】
DrZ Racing Brass D Short Z スリップオンマフラー 商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、「オフロードミーティング」の11月25日(日)開催分の参加申し込みを開始した。 …
  2. ※イメージ画像 KTMの正規ディーラー、丸富オート販売は、2018年10月13日(土)にK…
  3. ▲1290 SUPER DUKE GT ※Photographer : Schedl R. …
  4. インポートモデルの試乗会「WORLD MOTO 2018」が10月28日(日)に大阪府の泉大…
ページ上部へ戻る