【新車】スズキ、150ccロードスポーツバイク「ジクサー」の カラーリングを変更して発売

スズキは、150ccロードスポーツバイク「ジクサー」のカラーリングを変更し、6月11日より発売する。

「ジクサー」は、スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツバイクである。スズキの大型スポーツバイクと共通のイメージとなる、ヘッドライトからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインなど、スポーティーなスタイリングとした。
フリクション低減や燃焼効率向上を図った専用開発のコンパクトな154cm3エンジンを、軽量で剛性の高いフレームに搭載することで、力強い加速性能と優れた燃費性能を実現。
さらに、多機能メーターや、前後輪ディスクブレーキ、大径フロントフォーク、7段階調整式リヤサスペンションなど、スポーツバイクに相応しい装備を採用した。

カラーリングは、グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、キャンディソノマレッド/ソニックシルバーメタリック、グラススパークルブラックの3色がラインナップされた。なお、諸元に変更は無い。

メーカー希望小売価格は321,840円(税込)。

ジクサー

メーカー希望小売価格:321,840円(税込)

グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック


キャンディソノマレッド/ソニックシルバーメタリック(CZU)


グラススパークルブラック(YVB)


ジクサーの主な特長

エンジン・車体

・専用開発の空冷単気筒154cm3エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、低速からの力強い加速性能(最高出力10kW/8,000rpm、最大トルク14Nm/6,000rpm)と優れた燃費性能(58.8km/L)を実現。
・コンパクトなエンジンと軽量なフレームの採用により、軽量な車両重量(装備重量135kg)を実現。
・アップライトなハンドルやシートのポジションにより快適な乗車姿勢を実現。
・平成28年国内排出ガス規制に対応。
※国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。

装備

・視認性の高いフルデジタル表示の液晶多機能メーター。
1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
2)一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
3)便利な時計と切替式のオドメーター/ツイントリップメーター
・大径のフロントフォーク(インナーチューブ径41mm)と7段階調整式のリヤサスペンション。
・大径の前後輪ディスクブレーキ(前266mm、後220mm)。
・リヤタイヤに140サイズのラジアルタイヤを採用。
・長距離の走行に安心な大容量12Lの燃料タンク。

デザイン

・スズキの大型スポーツバイクと共通イメージのスポーティーなスタイリング。
1)力強い印象を与える、ヘッドライト、ラジエーターシュラウド、タンクの一体感
2)ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザイン
3)カウルと一体化したデザインのグラブバーやLEDテールランプによる、シャープでコンパクトなリヤ周り
4)ショートタイプのサイレンサーに2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラー
・車体色は、黒/青「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」
・車体色は、赤/銀「キャンディソノマレッド/ソニックシルバーメタリック」
・車体色は、黒「グラススパークルブラック」 の3色を設定。

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る