パワーボックスメガホンに続く新製品 SP忠男のZ900RS用ショート管が発売

ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがついに完成した。写真の通り4 in 1のショート管スタイルでリヤタイヤ前方にパワーボックスを配置している。取材時は無塗装だったが、製品は渋い耐熱ブラックとなって新発売だ。

低速でのサウンドが病みつきに!

SP忠男からデビューのフルエキゾーストマフラー「パワーボックスフル」は、シンプルな4-1集合方式を採用。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る