JP250とAP250で戦う 2018Ninja250レーサーが初優勝を狙う

2018年2月3日に、愛知県のスパ西浦でテスト走行を開始したトリックスターレーシングのNinja250が、レーサーになって4月7日のMFJカップJP250に参戦した。スパ西浦ではノーマルに突貫でマフラーを装着しただけの状態だったが、わずか2か月でJP250レーサーに仕上げられた。

まだまだやることが山積み

2015年シーズンにアジアロードレース選手権AP250で山本剛大選手がシリーズチャンピオンを獲得したトリックスターレーシングが、再びNinja250での挑戦を開始した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る