JP250とAP250で戦う 2018Ninja250レーサーが初優勝を狙う

2018年2月3日に、愛知県のスパ西浦でテスト走行を開始したトリックスターレーシングのNinja250が、レーサーになって4月7日のMFJカップJP250に参戦した。スパ西浦ではノーマルに突貫でマフラーを装着しただけの状態だったが、わずか2か月でJP250レーサーに仕上げられた。

まだまだやることが山積み

2015年シーズンにアジアロードレース選手権AP250で山本剛大選手がシリーズチャンピオンを獲得したトリックスターレーシングが、再びNinja250での挑戦を開始した。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
  2. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  3. NEXCO東日本北海道支社は、北海道胆振東部地震からの観光復興応援として、より多くの人がお得…
  4. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
ページ上部へ戻る