新情報も公開された 新型モンキー125のエンジン&フレーム解説

2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向けのモンキー125試作車体験会も行われ、技術資料も配布された。ここではエンジンやフレームなどの解説を掲載しよう。

グロムをベースにしながら最適化

新型モンキー125はタイの二輪開発部門であるホンダR&Dサウスイーストアジアカンパニー・リミテッドで開発された。生産はタイホンダが行い日本のみならず、現地のタイや欧州、アメリカ、台湾、ベトナム、マレーシアでの販売が予定されている。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハのフラッグシップLMW・ナイケン。これまでヤングマシンで行ってきた徹底テストでその…
  2. 流行するネオクラシックの中でも「軽量&扱いやすいモデル」として人気を集める、日本とイタリアの…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット トライアンフは、2月16日(土)より 3月10日(日)…
  4. 車検レスの軽量スポーツ刀は、250㏄としては大柄だったものの、親しみやすさはシリーズ随一だ。…
ページ上部へ戻る