ハーレーダビッドソン、「ブルースカイヘブン」が2日間で8,000人参加し大盛況のうち閉幕

ハーレーダビッドソン ジャパン、は5月19日(土)から20日(日)までの2日間にわたり、富士スピードウェイにてミュージック&キャンプ・フェス『BLUE SKY HEAVEN』を開催し、総来場者数が8,000人と大盛況のうち閉幕した。

以下リリースより


モーターサイクルファンが集結

キャンプとツーリング、そしてフェスが一体化した初夏の富士の風物詩でもある20回目の『BLUE SKY HEAVEN』には多くのモーターサイクルファンが集結しました。

ハーレーを所有するオーナーが集まるイベントとしては国内最大のものとなり、オーナー同士で交流を深めることはもちろん、オリジナル・ラブやスチャダラパーなどのLIVEステージやキャンプ人気などの背景もあって若年層の来場者数も伸長し、初日朝の荒天にも関わらず多くの方にご来場いただき、大盛況のもとに閉幕しました。

情報提供元 [ Harley-Davidson Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る