全日本ロードレース選手権 Rd.3 渡辺一馬がJSB1000初優勝!松﨑克哉が2位に入りカワサキが1-2

第3戦オートポリス スーパー2&4レース JSB1000決勝

朝から霧と雨で大幅にタイムスケジュールが変更されながら、何とか開催されたJSB1000クラス。当初、20周で争われる予定だったが、15周まで周回数は短縮して行われた。

雨は、ほとんど止んでいたが路面は、ウエット。ほとんどのライダーがレインタイヤをチョイスし、レースはスタートした。序盤は、中須賀克行、高橋巧、渡辺一樹がトップグループを形成。これを秋吉耕佑が追う展開だった。

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年4月16日に掲載したCB1000Rのインプレの後半としてMT-10との比較試乗をお…
  2. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  3. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  4. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
ページ上部へ戻る