【新車】MVアグスタ、「BRUTALE 800 RR AMERICA」を7月に発売

伝説の『アメリカ』が最新BRUTALEで蘇る

MVアグスタは、「BRUTALE 800 RR AMERICA」を7月に発売する。

1973年、当時最新鋭の技術を誇った初代モデル『750 S AMRICA』は、空冷直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、75hpを発揮した。そして今回、最新の『BRUTALE 800 RR AMERICA』が誕生する。

エンジンはコンパクトな設計で最先端の技術を投入した直列3気筒。インテーク及びエキゾーストカムの形状の最適化、新型バルブを採用。最大出力140hp/12,300rpm、最大トルクは87Nm/10,100rpm。

また、よりスムーズで正確な作動をもたらす最新のギアボックス、プライマリギア、新たなアルゴリズムとエンジンマッピング(3種類)で最適化された電子制御テクノロジー、改善された8段階トラクションコントロール、逆回転クランクシャフトを採用するなど、扱いやすさと性能を両立すべくアップデートされた。

シャーシの開発も急速に進んでおり、エンジンをフレームに固定し、バイクの全体的な剛性を向上。BOSHの9 PLUS ABSシステム、RLM(Rear Wheel Lift-up Mitigation:極端な制動条件下でも後輪を地面に保持するためにフロントブレーキの動作を規制)など、安全面も重視されている。

BRUTALE 800 RR AMERICA

■モデル名:MV AGUSTA 『BRUTALE 800 RR AMERICA』
■希望小売価格:2,100,000円(税抜)/2,268,000円(税込)
■発売時期:2018年7月
■カラー:BLUE/WHITE/RED

車両詳細

1973年の『750 S AMERICA』に登場したタンクと同じグラフィックを採用し、BRUTALE AMERICAの歴史に加え、米国への敬意を表している。

ナンバーが刻まれたスペシャルエディションは、虹色に揺らめく光を取り込むメタリックブルーのカラースキームを始め、多くの特徴を備えている。タンクには1973年の750 S AMERICAのグロスブラック塗装のように星を散りばめたモチーフを施し、MV AGUSTAのロゴを配したフロントフェンダーや、「アメリカ・スペシャルエディション」の文字を纏ったラジエターサイドパネルなど、多くの特徴を際立たせている。

金色のステッチを施し、ライダー及びパッセンジャーエリアに特殊素材を使用し、快適性を追求したパディングを採用したシートを装備。ダッシュパネルのフェアリングにはシリアルナンバーが刻印。また、それぞれの新オーナーに届けられる鑑定書には同じシリアルナンバーが記載される。

スペック

情報提供元 [ MV AGUSTA JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年4月16日に掲載したCB1000Rのインプレの後半としてMT-10との比較試乗をお…
  2. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  3. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  4. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
ページ上部へ戻る